1. 法人のお客様TOP
  2. 通信研修
  3. コース検索結果
  4. お金を賢く「貯める」「備える」「節約する」

通信研修

通信研修
B9S0

~給料・教育・住宅・相続・介護までわかる!~お金を賢く「貯める」「備える」「節約する」~『週刊ダイヤモンド』半年購読つき

お金が関わるさまざまな場面で、目的に応じて最適な判断や選択ができる

主な対象者

お金の流れを通して、仕事や生活に関わる基本的な数字の意味について理解したい方
社会生活を送る上で、「お金」の利用・選択・運用に困らないマネーリテラシーを身につけたい方

同じ対象者で別のコースを探す

受講料 21,600円(税込)
受講期間 2か月
在籍期間 4か月
テーマ
再受講不可

教材構成・添削

●テキスト 2冊
●添削 2回(Web提出可)
●『週刊ダイヤモンド』半年分 25冊
●『週刊ダイヤモンド』デジタルサービス(購読期間中提供)
●学習の進め方

コンピュータ採点型(Web提出可)

導入のポイント

数字とりわけ「お金」の感性に鋭くあることはビジネスパーソンにとって不可欠な要素です。社会生活や仕事上で物事を判断したり意思決定したりする基準として、「お金」と結び付けて考えることは大事な要素とされています。成果を継続的に生み出しているビジネスパーソンの特長は、「お金」という視点で費用対効果を常に意識して行動しています。このコースでは、「お金」の意味と流れを理解して、仕事と社会生活に役立つマネーリテラシーを強化していきます。

ねらい

■健全な家計管理の仕方から、保険、年金、退職金、相続・贈与制度の上手な活用法まで、お金を賢く「貯める」「殖やす」「備える」「節約する」ために使える現実的な知識を身につけます。
■お金の流れを通して、給与・社会保険から決算書まで、会社で使われる身近な数字の意味を理解します。

特色

■『週刊ダイヤモンド』本誌記事から再編集したテキストでは、ビジュアルなグラフやチャートなどで、仕事や生活に役立つ「お金」に関する知識や情報を分かりやすく解説しています
■本誌では身近な社会・生活に関する事情から金融・経済、企業の動きなどまで、新聞・ニュースでは読めない独自情報を担当記者が詳しくレポートしていますので、深堀した情報を把握できます。
■『週刊ダイヤモンド』デジタルサービスを利用すれば、PCやスマホでバックナンバーの記事の中から関心のあるテーマについて、キーワード検索でまとめて読むことができます。

カリキュラム

01
仕事と生活に活かせる「お金」の知識1
1.そもそもお金って何だろう?
2.会社の「お金」に強くなる
3.会社の経営を見る
4.お金を貯める・殖やす
02
仕事と生活に活かせる「お金」の知識2
1.ライフプランとお金
2.老後に必要なお金
3.いざというときに備える
購読
『週刊ダイヤモンド』本誌
最新の企業・経済動向や社会生活情報を把握します。『週刊ダイヤモンド』本誌については、別途毎週、(株)ダイヤモンド社から直接お届けします。
補助教材
『週刊ダイヤモンド』デジタルサービス
1999年1月以降に発売された本誌過去記事の中から関心のあるテーマについて、キーワード検索でまとめて読むことができます。

PC環境

【デジタルサービスの推奨環境】
※特別なソフトウェアは必要ありませんが、組織図や週刊ダイヤモンド誌面表示等一部データについてはPDFファイル形式となっておりますので、ご覧になるにはアドビシステムズ社のAdobeReaderが必要です。
※ブラウザはInternet Explorer 8.0以上またはFirefox 3.x以上、Chrome v5.0以降、Safari 3.x以上でJavaScriptとCookieを有効にしてください。前記以外の場合、正しく表示されない、検索ができない等正常なご使用が不可能になります。

特記事項

※本コースの教材のうち『週刊ダイヤモンド』は、(株)ダイヤモンド社から毎週お届けいたします。
※『週刊ダイヤモンド』関連コースを2コース同時にお申し込みになった場合や、『週刊ダイヤモンド』の送本期間中に、その他の『週刊ダイヤモンド』関連コースをお申し込みになった場合、『週刊ダイヤモンド』の送本期間は延長されず、毎週2冊ずつ送本される期間が生じますのでご注意ください。

その他ご注意事項

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「教育訓練給付制度」は、しくみや対象コースが年度途中でも予告なく変更になる場合があります。

導入・お見積りのご相談

ご希望のテーマやプログラムをご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。

個人のお客様のお申し込みはこちら