通信研修

通信研修
コースコード:A221

ずばりコンプライアンスがわかる

身近な事例でわかりやすく解説する

主な対象者

新入社員から上級管理者まで、コンプライアンスとは何かを知り、自信をもってビジネスに取り組みたい方

受講料 15,400円(税込)
受講期間 2か月
在籍期間 4か月
テーマ

法律・倫理
同テーマで別のコースを探す

初級
同テーマで別のコースを探す

中級
同テーマで別のコースを探す

再受講不可

教材構成・添削

●テキスト 2冊
●添削 2回(コンピュータ採点型・Web提出可)
【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

eTextあり コンピュータ採点型(Web提出可)
  • テキスト・添削見本のご利用方法はこちら

導入のポイント

現代社会において、コンプライアンスは、企業が法令、社会的倫理、モラルを遵守し、公正に業務を推進することを指します。コンプライアンスに反する企業活動は、企業のイメージやブランドが大きく傷つくだけではなく、企業の存続にかかわるほどの大きな影響を与えかねません。コンプライアンスは、企業活動に潜むリスク対策として重要な経営課題のひとつです。

ねらい

いま、なぜコンプライアンス(法令遵守)なのか?
「知らなかった…」ではすまされないコンプライアンスをやさしく学びます。
■コンプライアンスの重要性を認識し、企業活動において「してはいけないこと」を正しく判断する能力を身につけます。
■さまざまなビジネス活動の場面で、法的な問題の発生を防ぐための知識やトラブル発生時の対応方法を習得します。
■コンプライアンスを推進するための体制と各部門の役割を学びます。

特色

■実務に必要なコンプライアンスの知識を、その全体像からつかむことができます。
■具体的な事例を取り上げて解説しますので、問題点をイメージしながら学習できます。
■本文中の法律に関する記述は、わかりやすい表現を用いています。
■節ごとに重要なポイントのまとめを載せ、内容を整理し理解を促進する構成になっています(1分冊目)。

カリキュラム

01
コンプライアンスの基本
1.コンプライアンスとは
コンプライアンスの必要性/コンプライアンス違反のリスク/経営におけるコンプライアンスの位置付け ほか
2.コンプライアンス体制の構築
コンプライアンス体制確立のための組織整備/法務部門の権限強化 ほか
3.コンプライアンスの実践
コンプライアンスを担う者の役割/日常業務におけるコンプライアンスの実践 ほか
02
コンプライアンス事例研究
1.ビジネス活動に関わる法令
民法/消費者保護法/刑法
2.金融関連の法令
保険業法・行政手続法/金融商品販売法/金融商品取引法
3.会社経営に関する法令
会社法/知的財産権法/独占禁止法/労働関係法/景品表示法

特記事項

※最新の教材をお届けするため、年度途中で改訂する場合もあります。

その他ご注意事項

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。

導入・お見積りのご相談

ご希望のテーマやプログラムをご入力ください。

該当する地区の事業所へお問い合わせください。

個人での受講を検討されている方へ