通信研修

効果的な活用事例

課題やニーズに応じた 最適なプランを組み立てることができます

ビジネス・ファンダメンタルズ・シリーズ(BFシリーズ)の特長を活かし、研修のねらいに応じたさまざまな研修プログラムを組み立てることができます。
1コースの学習期間は約2か月。短期間で「成果創出能力」を構成する各テーマをムダなく学習できるので、忙しいビジネスパーソンのスキルアップに最適なカリキュラムとなっています。また、階層フリーな内容ですので、若手から中堅・マネジャークラスまで幅広くご受講いただけます。
このような特長から、社内の研修に幅広くご活用いただいています。

たとえば・・・
・中堅社員からリーダークラスまでの間に身につけておくべき必須スキルとして
・コンピテンシーに連動した研修プログラムとして
・自己啓発援助制度の推奨コースや選択必修コースとして
・個人のキャリア目標達成のサポートとして
・ビジネススキルを促進する基礎能力の養成として
・経験知を体系的に整理するツールとして

主な活用事例のご紹介

ここでは、活用例として複数のコースを組み合わせる組み合わせ受講と、異なる研修方法を組み合わせるブレンディング研修についてご紹介いたします。

活用例(1) 組み合わせ受講で複数のスキルを同時に開発

ビジネスで成果を出すためには、複数のビジネススキルをしなやかに使いこなすことが求められてきます。BFシリーズのプログラムを組み合わせてご受講いただくことで、スキルアップが相乗的に図られます。
BFシリーズ同士はもちろんのこと、他のシリーズと組み合わせてご受講いただくこともできます。

活用例(2) ブレンディング研修の効果的な活用例

ビジネス・ファンダメンタルズ・シリーズで学習するテーマは、現場で実践すればするほど身についていくものです。

学習効果をより一層高めるためにお勧めしたいのがブレンディング研修です。
ブレンディング研修とは、それぞれの研修手段のもつメリットを活かしたり、デメリットを補完しあうものです。

通信研修に加えて、集合研修を受講することで、通信研修で学んだ内容をより実際に近い形で体験したり、他者との交流の中で新たな気づきを得ることができ、相乗効果が期待できます。

ブレンディング研修の実施例: 「実践的な説得・交渉のスキルを高めたい!」