グローバルマネジメント研究所について

| 日本語 | English | Tiếng việt | 中文(簡体) | 中文(繁体) |

日本企業のグローバル化にともなうダイバーシティ(多様性)に着目し、幅広くグローバルマネジメントに関する調査や研究を進めるとともに、グローバル人材育成のための活動を行っています。

本学のグローバルマネジメントは、ダイバーシティ(多様性)をマネジメントすることと定義します。

グローバルマネジメントを実現するには、ビジネス展開の地域や国の違いを問わず、関係する人、組織、地域のさまざまな属性や文化的な背景が異なっていることを前提にして、それらの多様性を想像力豊かに理解した上で、多様性の中における共通言語としての論理性をうまく活用していくことが求められます。

日本企業のグローバル化というと、海外進出を意味することが一般的でしょう。

それゆえに、グローバルマネジメントとは「海外で事業展開する際の現地人を主体とした組織の運営管理」という意味に限定されがちです。

グローバルな規模での事業のマネジメントを前提にすると、海外でのさまざまな事業形態、すなわち生産拠点を求めた進出、市場を求めた進出、その双方を求めた進出、そして開発拠点も含めた本社機能の移転などがあります。

しかしながら、日本国内においてもグローバル化が進んでいることを忘れてはなりません。

例えば、海外資本の傘下に入った日本企業では、多くの日本人が外国人の指示命令に従うことになります。

また、多くの外国人を採用する日本企業では、さまざまな場面で日本人が彼らに指示命令することになります。

すなわち、グローバルマネジメントとは事業展開が海外であろうと日本であろうと、場所には制約されないことになります。

こうした環境下において、日本企業にとってグローバルマネジメントを難しくしている要因は、大きく二つ考えられるでしょう。

一つは言葉の壁です。

日本語以外を流暢に使える企業・組織人が少ないからです。

二つめは、企業・組織で働く人々の意識を形成する習慣や文化が、働く人々の出身国によって異なることです。

実は日本人によって事業展開されている日本企業でも、これらの問題が起きているのです。

互いの事業を補完する目的でM & Aをした企業では、互いを補完するという目的自体に異なったものを一つにするということが含まれていますから、言葉、習慣、文化の壁に直面することになります。

同じ会社の中でも、事務職と技術職では同じ言葉が異なった意味をもつことも多く、異なった企業間ではなおさらです。

そこで、本学のグローバルマネジメントはダイバーシティ(多様性)を上手にマネジメントすることと定義づけます。

産業能率大学は、1984年4月に「国際経営研究所」を開設し、日本企業の海外進出や多国籍企業の日本進出の問題などについての調査・研究や、国際経営に関する社会への啓発・助言活動、海外の大学・教育機関との相互交流活動をして