創立者 上野陽一 (1883-1957) について

心理学から産業心理学を経て科学的管理法を研究、実践した「能率の父」

1908年、東京帝国大学卒業。大学では心理学を修め、後に産業心理学を経て科学的管理法を始めとする経営学を研究。1920年、小林商店(現ライオン株式会社)において経営指導を行った。これはわが国初のコンサルテーションといわれる。

1925年、日本産業能率研究所を設立。アメリカの最新のマネジメント理論と方法を研究、自らを「能率技師」と称しわが国産業界において近代的経営理論と技法を実践すべく指導に当った。能率技師とは現在のマネジメント・コンサルタントの魁といえるだろう。第二次大戦後は人事院人事官として公務員制度の刷新に努める一方、1950年産業能率短期大学(現在の自由が丘産能短期大学)を設立した。その業績は、わが国企業経営の近代化に大きな影響を及ぼしたとして知られる。また欧米においても「The Golden Book of Management *」に紹介されるなど、マネジメント学界において広く知られる。F.W.テーラーの科学的管理法と東洋思想を融合した能率道は独自の哲学的世界観を形づくっている。

    上野陽一

    「能率の父」上野陽一

    * Urwick L., The Golden Book of Management, a historical record of the life and work of seventy pioneers.London: N. Neame, 1956
    学者、実務家を問わず、科学的マネジメントの確立・発展に先駆的な貢献と実績を残した人物70人を厳選し、その業績を紹介している。

    ページ先頭へ

    プライバシーマーク

    法人のお客様
    個人のお客様