グローバル人材育成のポイント~データから読み取る異文化適応条件~

グローバル人材育成のポイント~データから読み取る異文化適応条件~

昨今では、多くの日本人が海外に渡り、仕事をしています。もはや海外で仕事をすることは特別なことではなくなってきています。

そこで、当然ですが海外に赴任して仕事がうまくいって成果を出せた人と出せなかった人の、2者が存在することは容易に想像できます。
それはさまざまな要因によって分かれていると思われますが、成果を出せた人が共通した特性を持っているとしたら、それが今後の人材育成のポイントになるはずです。そのため、当研究所では、海外赴任経験者を対象としたインターネット調査(2014年10月)を行いました。

この調査結果は「グローバル人材育成のポイント ~グローバル人材に関する調査速報~ 」にまとめております。
このコラムでは、調査結果のデータから読み取れる異文化適応の条件を2回に渡りお伝えします。
まず第1回は、調査結果の振り返り、そして第2回は、決定木(けっていぎ)という手法を使って、より細かく異文化環境下における仕事適応の条件をみていきます。
では早速、調査結果を振り返ってみましょう。

この調査では、図1のように、本人が持つ特性と赴任先での適応状態(その国や赴任先の組織、職場、人々が好きか、良好な人間関係を築けたか、仕事はうまくいったかなど)について尋ね、両者の関係を明らかにすることを試みました。

図1 調査の枠組み

赴任者本人が持つ特性については、仕事場面における行動や意識など約100の質問にお答えいただき、因子分析(注1)という手法を用いて、資料1の15因子を導き出しました。

赴任先での適応状態についても、約30の質問にお答えいただきましたが、ここでは、赴任先で成果を出したかどうか、以下の5項目を合算した「仕事適応」について分析した結果をお伝えします。

「仕事適応」の5項目
赴任中に、赴任先で期待されていた役割を十分に果たした
赴任中に、赴任先で高い業績を上げた
赴任中に、赴任先で大きな仕事を成し遂げた
赴任中に、赴任先に対して十分な貢献を果たした
赴任中に、赴任先の業績を向上させた


この「仕事適応」と赴任者本人が持つ特性について因子分析を行った結果、抽出された15の特性因子との関係を探るため、重回帰分析(注2)を行いました。

その結果、「仕事適応」に関しては、「仕事への自信」が最も強く影響しており、次いで「異文化への関心」、「主張性」、「感受性」、「ストレス耐性」、「自文化への理解」という順番に関係していることが分かりました。
特性因子は15ありますが、統計的に意味がある関係と言えるのはこの6因子でした。

さらに端的な言い方をすれば、海外赴任の仕事で成果を上げたと自己認知している人は、仕事に自信を持ち、異文化への関心が高いということになります。

図表2 仕事適応に関する重回帰分析

注1因子分析とは、多くの質問項目の背後にある「因子」を推定するために用いられる多変量解析の一手法です。
この手法を理解するために簡単な例として「学力」を考えてみます。国語の得意な学生は、同時に英語や社会が得意なことが多く見られたとします。この場合、国語と英語と社会に影響を与えている「文化系能力」が想定できます。また、数学の得意な学生が同時に物理も得意だという傾向が見られれば、その背後に「理科系能力」を想定できます。このように物事の背後にあって影響を与えているものを「因子」と呼び、一つ一つの項目だけでは説明しきれない特徴や特性を把握するために使われる解析手法です。本調査では、海外赴任者に必要な特性を把握するために、「因子分析」を用いました。
注2重回帰分析とは、複数の説明変数(本調査では特性因子)によってどの程度被説明変数(本調査では適応指標)が説明できるかをみるための手法です。一つの説明変数で一つの被説明変数を説明する場合は回帰分析もしくは単回帰分析と呼ばれます。

資料1

産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 組織測定研究センター 所属
グローバルマネジメント研究所 所員
堀内 勝夫


各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します。