よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

個人情報保護士とは

情報社会では、ひとたび漏洩した情報は瞬く間に広がります。
それが個人情報ならまず本人に、そして組織にも多大な損害が生じます。事故を防ぐには、個人情報の適切な取り扱いが必要です。
「個人情報保護士認定試験」は、個人情報の概念と法的知識、ルール、リスク管理等を理解し、個人情報の管理運営を行うエキスパートを認定する試験です。

個人情報保護法については、企業で働く誰もが理解しておく必要があります。「個人情報保護士認定試験」は、個人資格としてだけでなく、多くの企業が団体受験をしています。

<個人情報保護士認定試験の受験対象者> 
   ・ お客様と接する方
   ・ お客様の書類を扱う方
   ・ 何らかの形で個人情報に触れる方
   ・ 情報セキュリテイの管理部署
   ・ 個人情報保護の管理部署
   ・ サービス部門
   ・ 人事部門、営業部門、総務部門

    また試験では、管理者としての知識と現場での実践力が試され、有資格者は個人情報保護について一定水準を理解し、実践のリーダーとなる資質を有するものとみなされます。最近では、全社員の取得を目指す企業や新入社員教育の一環とする企業も増えています。

    個人情報保護士を目指す意義

    個人情報保護法は「個人情報の利用を抑えるもの」ではありません。個人情報保護法の第一条では、「個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする」と明記されています。個人情報保護法は決して「個人情報を使ってはいけない」という法律ではないのです。

    この点を正しく理解していない方がとても多く、誤った理解と勘違いから、過剰反応が生まれています。個人情報保護士の学習で個人情報保護法を正しく理解すれば、個人情報を有効活用して、お客様へのよりよい対応やサービスを実現できるでしょう。


    ページ先頭へ