よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

メンタルヘルス・マネジメント検定とは

心の病を未然に防ぐ、メンタルヘルスケアを学ぶ検定試験

昨今、働く人々をとりまく環境はストレスを増長しやすく、心の病を抱える労働者の増加が問題となっています。厚生労働省はメンタルヘルス対策を推進するため「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を出しました。

メンタルヘルス・マネジメント検定は、厚生労働省の「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を受け、大阪商工会議所が実施している検定試験です。心の病を未然に防ぐためのメンタルヘルスケアに関する知識や、対処方法を学びます。

    メンタルヘルス・マネジメント検定とは

    メンタルヘルス・マネジメント検定の種別

    I種
    (マスターコース)
    <社内のメンタルヘルス対策の推進>
    対象:人事労務担当・管理者、経営者
    到達目標:メンタルヘルスケア計画、産業保健スタッフなどとの連携、教育・研修などの企画・立案・実施ができること
    II種
    (ラインケアコース)
    <部下のメンタルヘルス対策の推進>
    対象:リーダー・管理監督者
    到達目標:部下の調子に普段から配慮し、部下に不調がみられた場合は安全配慮義務にのっとった対応が行えること
    III種
    (セルフケアコース)
    <自らのメンタルヘルス対策の推進>
    対象:一般社員・新入社員
    到達目標:自らのストレスの状況・状態を把握し、不調に早めに気づき、自らケアを行い、必要なら助けを求めることができること

    マンガで解説!メンタルヘルス・マネジメント検定

    マンガで解説!メンタルヘルス・マネジメント検定

    メンタルヘルス・マネジメント検定の資格をわかりやすく解説したマンガを掲載中です。ぜひご覧ください。

    >マンガで解説!メンタルヘルス・マネジメント検定


      講座案内

      メンタルヘルス・マネジメント検定トップ | メンタルヘルス・マネジメント検定とは |
      資格試験情報講座の特長みんなの声

        ページ先頭へ