このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

税理士資格の魅力と効果的な学習方法

税理士資格の動向と特徴、合格のための効果的な学習方法を講師が解説します。

税理士資格の動向と特徴

■堅調な受験者数と人気
数年続けて受験者数が減少している科目もありますが、税理士試験全体の受験者数にはほとんど変化がありません。一期間を見ると様々な要因により多少の増減 はありますが、長いスパンで見ると大きな変化は無いと考えられます。
税理士試験は、科目合格制を採用しているので、合格まで受験に専念する必要がなく、仕事の都合で数年、受験を休むといったことも可能です。ですから、社会人の方を中心に、それも非常に幅広い年齢層の方が取得を目指されています。

    安部 洋平氏

    本学税理士コース提携団体、TAC株式会社 講師 安部 洋平氏

    ■大企業でも中小企業でも活躍の場は多い
    税理士は、大企業で会計士と役割を分担しながら活躍することも、中小企業で会計士の役割を一部、担いながら幅広く活躍することも可能です。
    例えば、会社の規模や様態によって会計士と税理士の役割は異なりますが、一般に、大企業であれば、会計士が決算書類を作り、その後の税金納付については税理士が担当します。中小企業であれば会計士と税理士の両方を雇うケースは少ないので、決算書類を作ったり、財務申告したりと税理士が幅広く仕事を手がけています。

    ■税理士の資格を取るメリット
    一つには、独立開業できるということです。独立すれば自ら営業を行い、多くの仕事をこなして高収入を目指すことも可能です。逆に仕事の量をセーブして他のことに使う時間を確保することもできます。独立には当然リスクも伴いますが、相応の意志の強さと覚悟があれば、チャレンジする価値はあります。

    独立開業をしなくとも、税理士の知識によって財務に関する書類を読めるようになることは大きなメリットです。貸借対照表、損益計算書、株主資本変動計算書など、決算報告書類を読めることで、企業活動の全体像を把握でき、経営に関する話にもイメージが湧きやすくなります。また、会社の中での仕事の幅や信頼が高まります。例えば、体調が悪いときに医師から「こうすれば治ります」と言われるのと、同じことを医師ではない人に言われるのでは信憑性が全然違いますよね。同様に税理士の資格を持つことによって、書類の作成にしても発言にしても、強い信憑性と安心感を持って周囲から受け止めてもらえるようになります。

    ■個々のライフスタイルに合わせて目指せる資格
    一つ一つ成果が確実に積みあがっていく、科目合格制度が前提になっている点は税理士資格の大きな魅力です。1科目の合格でも履歴書に書け、転職、就職、税理士事務所に入りたいという場合でも、がきちんと評価されます。それを考えると、1年に1科目ずつ合格を目指しても決して遅くありません。学習しながら、仕事もしながら、私生活もありながら、1科目1科目合格を積み重ねていく。そんな資格の取り方も一つの道だと思います。

    合格のための効果的な学習方法

    ■難関ではあるが、必要以上に恐れる必要はない
    合格率は大体どの科目も10%強ほどで推移していて、それほどばらつきはありませんが、簿記と財務諸表論についてはいわゆる記念受験的な受験生も多いです。ですから、きちんとまじめに学習した場合の合格率は、ずっと高くなるのではないかと考えています。また、会計というと計算が含まれるので「数学が不得意で…」というような不安の声は多いのですが、努力次第で十分に力がつく教材内容になっていますので心配ありません。私(安部講師)自身、学生時代は税理士と関係のあるような勉強はしていなかったですし、数学も得意ではありませんでした。根気よく継続的に学習することによって誰でも合格する力をつけられると言えます。

    ■標準的な学習のスケジュール
    1科目あたりのボリュームは多く、難易度も高いので、働きながらの場合、年間に1科目ないし2科目というのが普通です。ですから、他の資格以上に長い学習期間を要することも多く、ある程度のところまで取得して中断されている方、中断されてからまた学習される方もいます。学習時間は、簿記論や財務諸表論の場合450時間、法人税法・所得税法の場合600時間、相続税法の場合450時間を目安に確保しましょう。

    ■通信講座での効果的な学習の進め方
    "テキスト"と"トレーニング(問題集)"がそれぞれ単元ごとに合わせた形で構成されています。各テーマが終了した段階で、対応するトレーニングを解いていく、という形で進めてください。その後、添削課題で知識の定着の度合いを測りつつ、試験の感覚を体験しましょう。
    受験生としては、ついつい新しい教材に惹かれてしまうものです。今あるものを全てやりきって、更に余力があるのであればそれも良いですが、中途半端な状態で新しいものに着手し挫折する、これを繰り返すことは自分を精神的にマイナスに追い込むことになってしまいます。
    ですから、まずはトレーニング(問題集)の問題を4~5回繰り返して解いてみてください。その上でまだやれるというのであれば、新しい問題集などを買うのも良いでしょう。

    ■テキストの内容を徹底的に頭に叩き込む!
    テキストの内容は、必ず解けるようにしておくべき要点をまとめてあります。他の受験生も十分に学習を行ってくる箇所でもありますので、テキストからの出題問題が解けなければ、「自分だけ失点」ということにもなってしまいます。逆に、テキストに載っていない問題が出たときは、「他の人も出来ない問題だ、心配ない」というように気持ちを切り替えましょう。この判断はテキストをしっかり学習した人でないと出来ないことなのです。「自分だけが学んでいない、自分だけが忘れているのではないか」と考えてしまうと、無駄に時間ばかり費やすことになってしまいます。
    また、丹念に学習することは解答のスピードにもつながります。普通の受験生が20分かかる問題も、しっかり勉強している人は、5~10分でできるかもしれません。そうなると、他の問題に使える時間が増えるので、自然と解答の精度が高まり高得点が期待できるのです。ですから、テキストをしっかりやっていただくことこそが一番の合格への近道です。

    ■税法科目の選択について
    「実務色の強い科目」を優先される方もいますし、「学習時間の短い科目」を優先される方もいます。また、今の仕事での活用や家業の税理士を継ぐなど、理由をもって資格を目指される場合は必要な科目も違ってくると思いますので、環境・状況・興味によって人それぞれです。
    大きくは、法人相手の仕事をするのか、個人相手なのかで使う税法は変わってきます。とはいえ、個人相手だから使う知識は『所得税』だけか、法人相手だから『法人税』だけか、というとそういうものではありません。
    例えば、『相続税』を専門に取り扱っている事務所があります。すると、そこでは『相続税』を勉強していないとスタートラインにすら立てません。そして、"相続専門"ではありますが、そこには"所得"も入ってくるので『所得税』の知識が必要になります、そして『所得税』を納めるということは『住民税』にも関連して・・・という風に次々に繋がっていきます。
    自分の将来のビジョンによって、どういう税金のスペシャリストになりたいのか、何を中心に自分の活躍の場を見出すか、ということで選択する科目は変わってくるのではないかと思います。

    ■学習のワンポイントアドバイス
    余裕があれば、事前に日商簿記の学習を日商簿記の3級や2級を持っている人が有利ということは間違いありません。事前に準備の時間があるようであれば、日商簿記3級と2級を取っておくと、良い準備ができ税理士試験というものに抵抗無く入れると思います。
    日商簿記1級については、持っているに越したことはありませんが、税理士の簿記論を取る上で特別に必要というわけではありません。

    ■簿記論と財務諸表論の同時学習効果
    簿記論と財務諸表論を同時に学習する効果は高いです。メリットとしては、"計算"の「簿記論」と、言葉として"理論"の入った「財務諸表論」は重なる部分も多く、「簿記論」で学ぶことの理由や目的を「財務諸表論」で補完できるので相乗効果が非常に高いのです。
    一方、デメリットとして、2科目同時に学習する負担の大きさがあります。試験本番までに学習が終わらなかったり、復習が出来なかったり、ということもありえますので、自身が確保できる学習時間を考えて、それが十分であれば同時学習に取り組んでも良いでしょう。簿記論と財務諸表論の学習時間を合わせた、900時間を目安として確保しましょう。


    ページ先頭へ

    ※教材は、改訂のため、分冊でお届けしています。 >教材の配本予定はこちら

    コース一覧

    ページ先頭へ

    • 年間ランキング2016
    • 人気ランキング
    • パックコースでお得にビジネススキルアップ!
    • あなたの講座選びをサポート学びコンシェルジュ
    • 資格試験カレンダー