このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

宅地建物取引士とは

毎年20万人近くの方が受験する人気の国家資格

宅地建物取引士は、毎年20万人近くの方が受験する人気の国家資格で、土地売買や賃貸契約などの不動産取引の際に、重要事項の説明や契約書への記名・押印を行います。
宅地建物取引業法(第15条)で、宅建業者は1つの事業所ごとに、従業員5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士を設置しなければならないことになっています。

    宅地建物取引士とは

    宅地建物取引士の人気の秘密

    宅地建物取引士の資格は、不動産関係の企業ではもちろん、不動産を担保に融資を行う金融や不動産を運用する一般企業でも大いに役立つため、人気が集まっています。
    また、法律の入門資格としても多くの方に活用されています。法律独特の言い回しや専門用語を学ぶことができるので、他の法律関係の資格に挑戦する際に有利になります。
    さらに、受験資格がなく、どなたでも受験でき、一度取得すると生涯有効な資格であることも人気の理由です。

    宅地建物取引士の活躍の場

    不動産取引の際の重要事項の説明と契約書への記名・押印の業務は宅地建物取引士以外は行えません。宅地建物取引士は、不動産の公正な取引に関して、大きな責務と役割を担っています。
    不動産取引以外にも、不動産の売買や資産管理など、金融関係や企業の運用部門でも、宅地建物取引士としての専門知識を活かせます。


    ページ先頭へ

    コース一覧

    2017年度試験対応宅地建物取引士(DVD教材つき)

    講座詳細を見る

    コースコード

    A7C5

    宅地建物取引スペシャリストへの最短ルート

    商品写真

    受講料

    44,480

    受講期間

    6か月

    在籍期間

    12か月

    • コンピュータ採点型
    • 再受講不可
       

    2017年度試験対応宅地建物取引士(DVD教材なし)

    講座詳細を見る

    コースコード

    B3Q3

    宅地建物取引スペシャリストへの最短ルート

    商品写真

    受講料

    33,480

    受講期間

    6か月

    在籍期間

    12か月