よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

日商簿記検定とは

すべてのビジネスパーソンに役立つ資格

企業では、商品を購入し販売して利益獲得を図ったり、資金を借り入れたり、時には備品等を購入する活動を行っています。これらの活動を一定のルールに従い、もれなく記載するのが簿記です。簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わず、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財務状態を明らかにします。
簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。
また、簿記を通じて身についたコスト感覚は、経理担当者だけではなく、営業担当者、企画担当者、人事・総務担当者、生産管理担当者など、すべてのビジネスパーソンに役立ちます。
日商簿記検定は年間約55万人の方々が受験する、社会的に高い信頼と評価を得ている検定試験です。企業の採用や大学・短大の推薦入試、単位認定の基準などにも利用されています。

    日商簿記検定とは

    日商簿記検定、資格取得のメリット

    日商簿記検定で学んだことは、様々なビジネスシーンで役立ちます。

    • 利益やコストの管理に
    • 経理や財務部門の方の実務能力アップに
    • 経営戦略立案の際の財務資料の分析に
    • 取引先の経営状況を調べ、リスク回避に
    • 税理士や公認会計士をめざそうと考えている方の第一歩に
    • 企業や団体によっては資格手当てが受けられることも ・・・など

    関連資格とあわせてステップアップ

    日商簿記検定の資格を取ったら、関連資格にもチャレンジし、さらなるステップアップをめざしましょう。
    例えば、財務・会計のスペシャリストとして、簿記3級から2級→1級へと専門性を高め、将来的には税理士や公認会計士といった高度な専門資格をめざしたり、簿記3級や2級の知識を活かし、中小企業診断士やファイナンシャルプランナーをめざしたりと、ステップアップの道は開かれています。

    関連資格へチャレンジ

    マンガで解説!日商簿記検定

    マンガで解説!日商簿記検定

    日商簿記検定の資格をわかりやすく解説したマンガを掲載中です。ぜひご覧ください。

    >マンガで解説!日商簿記検定


      ページ先頭へ