よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

社会保険労務士とは

社会保険労務士は企業の依頼により、社会保険手続きの代行や労務管理のアドバイス、労働者名簿や賃金台帳等の帳簿作成、法改正に伴う就業規則の変更、年金制度に関する相談などを行います。
さらに紛争解決手続特定社会保険労務士になると、個別労働紛争の防止・解決にかかわる業務も扱うことができ、企業の立場だけでなく、労働者側の代理人を勤める機会も増えています。

    企業で働く人々が、労災保険や年金給付を受けるため、諸法令に基づく書類作成と行政機関への提出を代行します。これらは社労士だけの独占業務です。

    また、採用から退職までの諸問題、退職金・年金等についてのコンサルタントも行います。就業規則や採用・企業内教育に関与することもあり、専門知識を活かして「企業と働く人々の関係を整える」役割を果たします。

      多くの社労士が、企業で社会保険の運用や労務管理に携わる勤務社労士として活躍しています。有資格者に特別手当を支給する企業もあり、資格取得を機に昇進・昇格への道が開けることもあります。

      さらに、勤務社労士として経験を積みながら、十分な仕事先や営業先を持つことができれば、独立開業も可能です。その場合、勤務者労使から開業士や労使への登録変更が必要です。

        近年の相次ぐ法改正で、社会保障制度は変化し、また就業形態の多様化により、多くの企業で就業規則や賃金体系の見直しが必要となっています。さらに高齢化の進行で、年金相談のニーズも増加すると考えられます。

        社会保険労務士は、社会保険・年金・労務管理の専門家として、今後ますますその存在感が高まっていくでしょう。


          ページ先頭へ

          コース一覧

          ページ先頭へ