よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

中小企業診断士とは

経営コンサルティングに関する唯一の国家資格

中小企業診断士は、企業のよきパートナーとして、企業経営の診断・指導を行います。また、経営に関する専門知識を駆使し、企業と行政とのパイプ役として、中小企業施策への提言を行うなど幅広い活動も行います。
中小企業診断士試験は、昭和38年から、中小企業支援法に基づき実施されている国家試験で、企業経営に関連する幅広い知識・能力が問われます。経営コンサルティングに関する唯一の国家資格であり、難易度も高いため、中小企業診断士は権威ある資格として、産業界でも広く認められています。

    中小企業診断士とは

    資格の活用法

    今の仕事に活かす
    多くの方が今の仕事に活かすため、自己啓発として中小企業診断士をめざしています。中小企業診断士の学習により、経営全般の幅広い知識が身につくので、仕事の幅を広げることができます。

    管理者としての能力アップ
    管理者は経営的視点でのマネジメントが要求されます。企業経営のプロである中小企業診断士をめざすことで、管理者としての実力を高めることができます。

    コンサルタントとして独立
    中小企業診断士の資格だけでは独立は難しいですが、ビジネススクールの講師や執筆など、コンサルティング業務以外の活動も積極的に行っていけば、独立も可能でしょう。

    転職に活かす
    中小企業診断士は難易度が高く権威ある資格なため、有資格者を高く評価する企業も多く、有利な転職が可能になるでしょう。

    マンガで解説!中小企業診断士

    マンガで解説!中小企業診断士

    中小企業診断士の資格をわかりやすく解説したマンガを掲載中です。ぜひご覧ください。

    >マンガで解説!中小企業診断士


      ページ先頭へ

      コース一覧

      ページ先頭へ