このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

サービス介助士とは

介助技術とおもてなしの心を学ぶ資格

サービス介助士は、入浴・排泄・食事などの介護を必要としない、比較的元気な高齢の方や障害をもつ方を、お客様としてお迎えするときの介助技術とおもてなしの心を学ぶ資格です。
顧客との接点が多い流通・サービス業、行政体、福祉関連団体、鉄道・航空・バス等運輸業から特に注目され、資格取得を奨励する企業も多数あります。人と接するためのやさしさと技術を身につけることができる今注目の資格です。

    サービス介助士とは

    サービス介助士への期待

    2020年には日本国民の4人に1人が高齢者となる超高齢社会が訪れます。サポートが必要な方は今後もますます増えていきます。
    法律や制度の面では、「バリアフリー新法」「障害者自立支援法」「身体障害者補助犬法」などの整備が進み、高齢者や身体の不自由な方をサポートする体制が整ってきました。
    今まで家に閉じこもりがちだった高齢者や身体の不自由な方々が安心して街へ出ていくことのできる社会的・心理的環境づくりのために、サービス介助士は重要な役割を担っており、多くの企業や団体で注目度の高い資格となっています。

    ジェロントロジー
    サービス介助士は、ジェロントロジー( G e r o n t o l o g y )の考え方から構成されています。ジェロントロジーとは、人が生涯社会参加をしながら、社会と交流しつつ、個人のライフキャリアを積み重ねていこうとする 生き方のことを言います。一般的には「老人学」と訳されています。つまり老人に関するすべてを含む学問ということです。細かく分ければ、生理的(医学、体 の内部)、心理的(メンタル面)、社会的(暮らしやすい社会環境)の三つの分野に分かれます。

    「サービス介助士」と「准サービス介助士」の違い

    <サービス介助士>
    介助の基本理念だけでなく「現場で介助技術を実践したい」という方におすすめです。資格取得には、通信講座修了後、受講開始から1年以内に実技教習(2日間連続:有料)に参加する必要があります。
    実技教習では、「正しい介助技術」と「おもてなしの心」を学びます。実技中心のプログラムで、講師+アシスタント体制のきめ細かい指導が受けられます。

    <准サービス介助士>
    「介助の基本は学びたいけれど、2日間の実技教習に参加するのは難しい」という方におすすめです。
    サービス介助士と同じテキストで基礎知識を習得し、介助技術の基本をDVDで学びます。サービス介助士の考え方を接客や商品開発などに活かしたり、サービス介助士有資格者のもとで介助のサポートを行ったりすることができます。
    通信講座修了後1年以内であれば、実技教習を受講しサービス介助士へのステップアップも可能です。

    試験概要

    ■受験資格
    制限はありません、どなたでも受験できます。

    資格取得の流れ:サービス介助士

    通信講座と実技教習の受講が必要です。

    通信講座の修了後、受講開始から1年以内に、実技教習(有料:27,000円)を受講し、検定試験(実技教習の最後に実施)に合格するとサービス介助士資格を取得できます。

    ◆費用:41,040円(通信講座:14,040円+実技教習:27,000円)

    サービス介助士資格取得の流れ

    資格取得の流れ:准サービス介助士

    通信講座だけで資格を取得できます。

    通信講座の最後のリポート「検定試験」に合格し、「認定状発行申込書」を(公財)日本ケアフィット共育機構に提出すると、准サービス介助士に認定されます。

    ◆費用:21,600円(通信講座)

    准サービス介助士資格取得の流れ

    マンガで解説!サービス介助士

    マンガで解説!サービス介助士

    サービス介助士の資格をわかりやすく解説したマンガを掲載中です。ぜひご覧ください。

    >マンガで解説!サービス介助士


      ページ先頭へ

      コース一覧

      ※ご注意下さい
      ・通信講座を受講してサービス介助士の資格を取得するには、サービス介助士受験基礎講座修了後に実技教習(当日試験あり)を受講する必要があります。
       実技教習には、別途受講料が必要となります。
      ・通信講座を受講して准サービス介助士の資格を取得するには、准サービス介助士講座修了後にご自分で申請することで取得できます。

      別ページ「サービス介助士とは」をご一読下さい。

      サービス介助士受験基礎

      講座詳細を見る

      コースコード

      A7L0

      おもてなしの心と介助技術を学び、接客・サービス力をアップ!

      商品写真

      受講料

      14,040

      受講期間

      2か月

      在籍期間

      4か月

      • 土日祝除く3日前後で発送
      • コンピュータ採点型
      • 再受講不可
         

      准サービス介助士

      講座詳細を見る

      コースコード

      A9R0

      在宅で検定試験が受けられます!介助のしかたを学習するDVDつき!

      商品写真

      受講料

      21,600

      受講期間

      3か月

      在籍期間

      6か月

      • 土日祝除く3日前後で発送
      • コンピュータ採点型
      • 再受講不可