よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、植物から抽出されるエッセンシャルオイル(精油)を使った芳香(アロマ)療法(テラピー)のことです。
薬によって特定の病状だけを治そうとする現代の西洋医学と異なり、アロマテラピーでは、自然の恵みが凝縮されたエッセンシャルオイルを使って、元気づけ、気持ちをリフレッシュさせて、症状を緩和しながら、本来その人が持っている自然の回復力を高めていきます。
いくつかのエッセンシャルオイルを薄めてブレンドし、バーナーで焚いたり、マッサージしたり、お風呂に入れて芳香浴(アロマバス)したりと、様々な方法で、その豊かな香りを楽しみながら心身のバランスを整えていくことができます。

    アロマテラピーとは

    アロマテラピーとは

    エッセンシャルオイルは、それそれの相互作用によって、消毒殺菌、免疫系の刺激、浄化、内分泌器官の働きの促進などの効用を発揮するといわれています。そのため、応急手当やストレスなどによる軽い病気の症状緩和、スキンケア、美容などによく利用されます。
    また、例えばラベンダーには鎮静作用が、ジャスミンには興奮作用があるというように、エッセンシャルオイルには神経系に作用する効果もあります。
    目的や気分に応じてエッセンシャルオイルを使い分けることで、心身をリラックスさせるすばらしいヒーリング(癒し)効果が得られます。


      ページ先頭へ