よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

消費生活アドバイザー 過去問題集

消費生活アドバイザー試験 過去問題集

今すぐお申し込みの方はこちら

試験対策には問題演習、特に過去問題にあたることが重要です。知識の定着に、出題傾向の分析に、試験直前の総復習に、過去問は役立ちます。
「徹底解説 消費生活アドバイザー試験過去問題集」は、1次・2次試験を詳しく解説するとともに、大切なポイントをずばりアドバイス。
重要用語集、関連年表、合格体験記も掲載され、消費生活アドバイザーを目指す方必携の一冊です。
入手できるのは産能大のみ。書店では販売しておりません。送料は無料です。

    3年分、4年分セットがおトク

    とても広い消費生活アドバイザーの試験範囲。やみくもに知識を詰め込むのではなく、「どんな問題が出るのか」「どんな形式で出るのか」を分かった上で学習するのが効率的です。そして、出題傾向をつかむには、3~4年分の過去問題にあたっておきたいたいところ。
    お得な3年分、4年分セットもご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

    3年分セット・・・9,260円
    4年分セット・・・11,310円

      お得な3年分、4年分セット

      充実した内容は、重量以上の手ごたえ

      第1章 消費生活アドバイザーガイダンス

      第1章 消費生活アドバイザーガイダンス
      出題された問題だけでなく、学習の助けになる情報や資料が載っています。消費アドバイザー制度、データで見る試験、効果的な学習方法、重要用語集、消費者問題関連年表、参考図書など、合格を目指すあなたに必須の情報満載です。また、重要用語集に掲載される用語は、毎年見直されています。常に最新キーワードを身につけておきましょう。

      第2章 第1次試験解説
      衣・食・住・その他生活の基礎知識、消費者問題、行政知識、法律知識、経済一般の知識、経済統計の知識、企業経営の一般知識、生活経済、地球環境問題・エ ネルギー需給の全12科目について、科目の体系、直近4年間の傾向分析、今年度の出題傾向を掲載しています。解答確認と共に、出題意図をしっかり理解 しましょう。ミニテストでは基礎知識をチェック!

      第3章 第2次試験解説
      <論文試験対策> 2次で問われる第1、第2グループ全科目の例題を掲載。論文の書き方、および各例題の解説と、解答の着眼点を参考に挑戦してみましょう。

      <面接試験対策> 面接の目的を理解して、シミュレーションすれば、本番でもきっと落ち着いて話せます。

        来年度版にはぜひ、あなたの合格体験記を!

        合格体験記

        毎年、大好評をいただいている「合格体験記」。
        先輩方のリアルな合格体験記に、モチベーションがあがります。
        楽して合格した人はいません。自分と同じように、コツコツ学習を積み上げていった先輩方のノウハウをしっかり、いただいちゃいましょう。

        そして来年度版には、ぜひ、あなたの学習の「こんな工夫」「あんな苦労」をお寄せください。
        「このページに合格体験記を載せるぞ!」そんな意気込みで、学習を進めてみてください。

          商品一覧

          ※平成29年度版は5月中旬の発売予定です。

          商品名 価格
          SA42 徹底解説:消費生活アドバイザー試験過去問題集 4年分(平成25~28年)セット 11,310円
          SA43 徹底解説:消費生活アドバイザー試験過去問題集 3年分(平成26~28年)セット 9,260円
          6L28 徹底解説:平成28年度実施 消費生活アドバイザー試験過去問題集 3,900円
          6L27 徹底解説:平成27年度実施 消費生活アドバイザー試験過去問題集 3,900円
          6L26 徹底解説:平成26年度実施 消費生活アドバイザー試験過去問題集 3,900円
          6L25 徹底解説:平成25年度実施 消費生活アドバイザー試験過去問題集 3,900円

          お申込み方法

          お近くの郵便局で、備え付けの郵便払込取扱票に以下の必要事項をご記入のうえ、代金をお振込ください。
          ※その際、必ず「通常払込み」にしてください。「電信」では、ご注文内容が本学に届きません。
          ※払込取扱票の右側「振替払込請求書兼受領証」が領収書の代わりとなります。

          ≪記入例≫

          ページ先頭へ

          • 新講座・リニューアル講座のご案内
          • 年間ランキング2016
          • 人気ランキング
          • 資格試験カレンダー