このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

クローズアップ:社会保険労務士

人事・労務・年金のスペシャリスト社会保険労務士。(一財)安全衛生普及センターの国仲代表が社労士の魅力や資格の活かし方、(一財)安全衛生普及センターと提携し実施している産業能率大学の通信講座の特長を解説します。社労士をめざす方必見です。

社会保険労務士の魅力

日本は世界に例をみないスピードで高齢社会に入っています。そのため、年金制度の理解は不可欠な時代です。社会保険労務士は、国家資格の中で唯一、年金のことが分かる資格なので、年金の相談などに応じることができます。高齢化が進むにつれ、社会保険労務士のニーズは高まっていくでしょう。

    (一財)安全衛生普及センター 理事長 国仲 良識(くになか りょうしき)

    個人の年金相談は今後増える

    社会保険労務士はこれまで企業に対してコンサルティングやアドバイスを行うイメージが強かったですが、社会保険労務士法は個人に対しての取り組みも想定し ていますので、個人の年金相談などの業務が増えていくことが予想されます。また、社会保険労務士は役所より親切に対応してくれるので、社会保険労務士にお 金を支払ってでも相談するという動きが高まっています。

    ファイナンシャルプランナーと社会保険労務士の違い

    世界でまれに見るスピードで高齢化が進む日本。それだけに社労士はこれからどんどん注目される資格です。

    ファイナンシャルプランナーと社会保険労務士の違いは年金の制度や手続きに関する相談ができるかどうかです。ファイナンシャルプランナーは金銭面の相談ができますが、社会保険労務士は厚生年金や国民年金などの専門知識があり、より詳しい内容の相談に応じることができます。

      独立・開業の可能性もある

      中小・零細企業は大企業ほど景気回復が進んでいないため、リストラを実施する可能性があります。また、異動で職種が変わり、一からの出直しとなることもありえます。社会保険労務士の資格があれば独立・開業も可能ですので、リストラや異動になっても、自営の道が開けます。

      ★社会保険労務士の人気の理由は、「高齢社会での活躍」と「独立・開業の可能性」の2点です。

      多くの方は企業の中で人事労務担当として資格を業務に活かしています。独立・開業も可能ですが、2~3年先の綿密な事業計画を立てたうえで踏み切らないと、失敗する可能性もあります。また、顧客を見つける努力や工夫なども必要になります。

        難しいといわれる独立・開業はきちんとした事業計画をもって望むことが大切です。

        他の資格との組み合わせ

        社会保険労務士を単独でやっている方は5割位で、残りの5割は行政書士や税理士も兼ねています。他の資格を組み合わせると業務の範囲は広がりますが、社会保険労務士だけでも業務は手に負えない位たくさんあります。


        産業能率大学の通信講座((一財)安全衛生普及センター提携)の特長

        法改正に迅速に対応、法改正をいち早くお知らせ

        社会保険労務士の試験科目は、その大半が生活関連法で占められており、法改正が頻繁に行われます。そのため、教材はすべて(一財)安全衛生普及センターの社内で作成しています。外部の専門家に執筆を依頼し、後で修正ができなくなるといった恐れを防ぐためです。古いままの教材を使用している団体や試験直前に法 改正部分の内容を送っている団体もありますが、本学通信講座では法改正情報を資格試験情報と一緒に随時お届けしていますので、法改正に十分な対応ができます。

        上記教材写真は実際にお届けする教材の見本です(教材は予告なく変更になる場合もあります)。

        過去問を徹底活用したテキスト

        通信講座の教材だけで十分に合格できる内容となっています。社会保険労務士試験は、同じような問題が繰り返し出題されることもあり、過去問題の研究が非常に重要です。テキストはまず条文を示し、次にその条文から出題された過去問題を掲載、最後に解説をしていますので、試験問題への対応と制度の主旨やポイントなどを理解できます。試験問題の約8割はテキストから出題されていますので、テキストでしっかりと学習すれば合格できます。

        時間の使い方

        仕事をしながら学習することを想定すると、平日は1日2時間を学習に当て、休日は集中して学習を行うようにして、学習時間を確保する必要があります。平日 は、朝型の方は出勤前、夜型の方は就寝前の2時間を有効に使ってください。休日は、図書館を活用するなど、集中できる環境で学習しましょう。

        経験者も一から学習を

        受験を経験したことのある方は、テキストの一部を読み飛ばすことがあると思いますが、わかっているつもりで間違って理解していることもあります。テキストは一から読み直し、再度確認をしましょう。


        教材内容の紹介

        国仲代表の解説はいかがでしたか?
        とにかく忠実に教材で学習していくことが資格取得の一番の近道と代表は力強く語ってくれました。
        さて、そんな産業能率大学と(一財)安全衛生普及センターが自信をもってお届けする教材のセット内容をご紹介します。

          テキストには、各章ごとに条文/解説/過去問の記載がありポイントを絞って、復習しながら学ぶこととができます。

           ●テキスト 10 冊
           ●別冊テキスト 2 冊
           ●別冊資料 2 冊
           ●試験全問題解答解説 1 冊
           ●答案練習課題(任意提出) 10 回
           ●ライセンス・スクウェア
           ●資格情報 11 冊
           ●添削 8 回

            各章ごとに出題された過去問は復習や試験問題克服には非常に重要になります。

            社会保険労務士など、特に難易度が高い講座は教材の中身が非常に気になるポイントになると思います。そこで、教材の中身を拡大画像で紹介されていただきます。
            (一財)安全衛生普及センターの充実した教材やリポートをご覧ください。

            (右の写真をそれぞれクリックすると拡大画面が表示されます。)

              テキストの各章ごとに出題されている過去問の解答です


              学習のめやすの受講期間は 8 ヶ月です。テレフォンサポートも付いていますので安心して学んでいただけます。学んだ分が確実に成果につながるので一歩ずつこつこつと積み重ねていきましょう。
              企業の人事・労務・総務に携わっている方、ご自身の生活環境で年金・社会保険など詳しく勉強したい方は是非 TRY してみてください。

                最後に、国仲代表のお話の中で、印象に残った言葉は「継続は力なり」
                8ヶ月の受講期間、1日2時間を心がけて学習すればきっと資格取得の道は開けるでしょう!

                ページ先頭へ

                コース一覧

                2018年試験対応社会保険労務士合格総合

                講座詳細を見る

                コースコード

                A6I2

                試験合格に徹底的にこだわった、答練10 回つきの総合コース

                商品写真

                受講料

                77,760

                受講期間

                8か月

                在籍期間

                10か月

                • 土日祝除く6日前後で発送
                • コンピュータ採点型
                • 再受講不可
                • テレフォンサポートつき
                   

                2018年試験対応社会保険労務士受験

                講座詳細を見る

                コースコード

                A6J2

                高齢社会をむかえ、これからの時代にますます求められる国家資格

                商品写真

                受講料

                43,200

                受講期間

                8か月

                在籍期間

                10か月

                • 土日祝除く6日前後で発送
                • コンピュータ採点型
                • 再受講不可
                • テレフォンサポートつき
                   

                ページ先頭へ