このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

資格の鉄人:第 7 回 資格で人生を芽吹かせよう!

新年度も始まり。自然の木々や草花も、長い冬を終えていっせいに芽吹いています。人間にとっても、いつになく心の躍動を感じる季節。「よし、今年度こそ資格を取ってキャリアアップを実現しよう!」。そんな決意を心に秘めて、すでに通学、通信、独学で学習を始めている方、また6月の資格試験合格に向け、ラストスパートをかけている方も多いのではないでしょうか?
英語、語学、パソコン、簿記など多くの資格は、この6月に年度第1回目の試験が行われます。とくに6月の第2日曜日、第3日曜日などは、各種の試験日が集中し「資格デー」とさえいわれるほど。
あなたは、すでに6月の受験を予定されていますか。もしまだでしたら、次回の「資格デー」10月の受験を目指して、すぐに出発してみませんか。
このように勧めるのは、木々や草花が芽を吹くように、資格であなたの人生を芽吹かせることが決して不可能ではないからです。

    資格コンサルタント 高島 徹治氏

    資格コンサルタント 高島 徹治氏

    資格がもつ5つの機能

    なぜなら、資格には、少なくとも次の5つの機能があります。
    第1は「自己評価機能」です。いったいあなた自身のビジネス能力がどのレベルのものか。資格受験によって、客観的な判定ができ、自分の価値の値踏みができます。
    第2は「キャリアアップ機能(スキルアップ機能)」です。資格試験に合格するために学習をすれば、質量ともに専門知識の内部蓄積が高まり、キャリア(職業能力)のレベルがグレードアップします。その結果、社内において昇格・昇進の基礎がためができ、これが第3の「社内昇格支援機能」となります。
    また、転職の際に有利に働くことも、多くの人の認めるところです。これが第4番目の機能で「転職支援機能」といえばよいでしょう。
    そして最後に「独立支援機能」があげられます。これは、資格によって自ら経営者となる独立が可能になること。とくに、業務独占権が国家から認められる法律系の国家資格は、その代表例です。もちろん、その他の資格でも、資格取得によって勝ち得たキャリアが独立やフリーとして自立する場合の大きな助けになることはいうまでもありません。

    あなたの活用方法は?

    このように、資格はビジネス人生に役立つ多くの機能を内包しています。ただ、ひとつだけ注意したいのは、これらの機能といえども、決して万能ではないということです。この機能が十分な効果を発揮するかどうかは、あなたの活用の仕方にもかかわってきます。
    たとえば、社内昇格支援機能にしても、単に試験合格だけで満足するのではなく、そこで得た知識を仕事の実績に結実させなければ、効果は半減します。独立支援機能にしても、たしかに独立はできますが、看板を掲げるだけでは顧客はやって来ません。顧客を呼び込む数々の戦略・戦術があってはじめて成功することができるのです。
    取得した後のことを言うのは気の早い話かもしれませんが、このようなことも意識しながら資格試験に挑戦すると、資格の機能をより多く発揮させることができるでしょう。

    6月に試験がある資格例

    語学・日本語・書写
    TOEIC、実用英語技能検定、中国語検定、国連英検、日本漢字能力検定、日本語検定、硬筆書写検定、毛筆書写検定
    ビジネス系
    日商簿記検定、秘書技能検定、ビジネス文書検定、知的財産検定、実用マナー検定
    情報系
    マイクロソフトオフィススペシャリスト(随時)、CAD利用技術者、情報処理活用能力検定、マルチメディア検定
    その他
    カラーコーディネーター検定、色彩能力検定、旅行地理検定、電気工事士、危険物取扱者(随時)、サービス介助士(随時)、衛生管理者(随時)

    10月に試験がある資格例

    語学・日本語・書写
    TOEIC、実用英語技能検定、日本漢字能力検定、日本語文書処理検定
    ビジネス系
    宅地建物取引主任者、行政書士、消費生活アドバイザー、販売士2級、通関士
    情報系
    ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者、システムアナリスト、マイクロソフトオフィススペシャリスト(随時)
    その他
    旅行業務取扱管理者、インテリアコーディネーター、ケアマネジャー、危険物取扱者(随時)、サービス介助士(随時)、衛生管理者(随時)

    ページ先頭へ

    関連情報

    資格カタログ 人気度順
    合格率の高い資格の短期取得をめざすのか?じっくり腰を据えて、難関資格に挑戦するのか?人気度順で資格をご案内します。
    資格試験カレンダー
    試験日や合格発表などのスケジュールを一覧で確認できる資格試験カレンダーです。