よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

「受講者の声」特集(2018年2月号)

ご受講の感想

講座をご受講された皆さまから、たくさんのメッセージが届いています!
その中から、2月にいただいたいくつかをピックアップしてご紹介します。

受講した講座
消費生活アドバイザー通信講座
Tさん(40代男性 会社員)

消費生活アドバイザーの通信講座を受講しました。
テキストの内容は試験機関の唯一の指定教材でもあり、合格に必要な情報はしっかりまとめられていたと思います。また、定期的に送られて来るニュースレターに記載されている情報も、テキスト以外に収集すると試験に有効となる資料にはどのようなものがあるのかが具体的に紹介されているので、自分自身の興味関心だけではたどり着けないような情報に触れることもできました。消費生活アドバイザー試験の合格に向けた最短距離を走れるパートナーだと思います。
また、消費生活アドバイザー試験の関門の1つに小論文があります。仕事の中でも報告資料などを日常的に書いているので、なんとかなるかな~と考えていましたが、書き慣れていないと試験で合格基準に達するレベルでまとめきるのは簡単ではないと思います。この通信講座には小論文の指導も含まれているので、先生に添削してもらった指摘事項を参考にすることで、つまらない減点事項を少なくしていけると思います。
加えて、消費生活アドバイザー試験の合格に必要な勉強に、過去問題の演習があると思います。私は通信講座のテキストとは別に過去問を4年分購入して繰り返し勉強しました。通信講座に含まれている演習もありますが、絶対量が足りていないな、というのが正直な感想です。過去問題で問われている箇所については購入した過去問題の解説が非常に丁寧に解説されているので、テキストとあわせてしっかり読み込む必要があると思います。


    受講した講座
    認知症介助士
    Tさん(40代男性 会社員)

    認知症介護士の通信講座を受講しました。
    この通信講座は元からそれほどボリュームはあまり多くないので、いただいたテキストの内容を着実に理解する事が大事になりますが、通勤カバンの中に入れても重たくないテキストになるので、通勤の途中で少しずつでも継続して読み込めば、1か月もかからずに読破できると思います。
    また、この講座の提出物をきちん期限までに提出して、結果を日本ケアフィット共育機構にFAXすれば認知症介護士の認定を受けることができます。
    付録なのかもしれませんが、親が認知症かなと思ったら読む本という書籍がついてきました。テキストとあわせて読むと単なる知識の蓄積ばかりでなく、当事者意識を持って家族と認知症について話し合うための意識の向上にも繋がるなぁと感じました。
    受講する人は、おそらく仕事や家族において認知症の人と触れ合う機会のある人が多いと思います。私はいただいたテキストを親にも読んでもらって、単なる自己啓発に留めないように、自分の周りの人にも認知症の知識を分かりやすく理解して、つまらない誤解や先入観を持たないように、これから国単位で取り組んでいく必要がある『認知症』に対する、正確な知識と心構えを持ってもらえるようにしました。


      受講した講座
      認知症介助士
      Mさん(50代女性)

      認知症の方々に対して、少しでも手助けとして何かを行動することができるようになりたいと思っていましたが、何から始めたらよいのか模索していました。そんなとき、認知症介助士のことを知り、この講座の学習内容が自分の目標としていたことだと感じ受講を決めました。テキストは分かりやすく、認知症について基礎から学ぶことができました。問題集も、ポイントを押さえた内容で、解答を考えることで要点を再認識することができました。事例も身近なことが記載されていて、戸惑うことがあっても、認知症の方々の気持ちを思いやることで解決方法が見つかるのでは、と思いました。認知症の方々に対する、尊厳の気持ちの大切さを忘れないことがとても大切である、と学びました。また、身近な家族などの介助をする立場になったときに備えて、読んでおきたい本も一緒に届いて大変参考になり、心強いと思いました。この学びを、これからの人生に生かしていきたいと思います。


        受講した講座
        税理士本格受験
        Mさん(40代女性 パート)

        簿記論と財務諸表論はそれぞれ分かりやすいテキストで、やりやすかったです。
        たまたま、ネットでホームページを拝見して、申し込みました。数ある通信教育講座の中で産能大の講座を選んで良かったと思います。勉強する時間を夜から朝型に変えました。夜は疲れて帰ってくるので、早めに寝て朝の3時間で取り組みました。通学は時間が限られてしまうので、自分の都合の良い時にできるのが、通信講座の良さだと思います。私の場合ピッタリだったのは家での勉強です。図書館や喫茶店などは落ち着かないので、家でやりました。毎日、時間を決めて初めはスピードを重視し、慣れてきたら量を重視しました。わからない箇所は赤ペンで目印をつけたりして、あえてノートは作らずテキストに直接書き込みました。同じ問題はできるまで何度もくりかえしました。


          受講した講座
          整理収納アドバイザーオフィス&ホーム養成
          Wさん(女性)

          テキストがよくまとまっていて分かりやすく、効率よく整理収納の基礎(オフィスでのファイリング含む)を学ぶことができました。
          基礎を系統立ててしっかり確認ができたことは、片づけにおける思考改革の部分でとても重要だと感じました。
          修了してまもないのですが、実生活でも整理収納が楽になったのを感じていて、とてもうれしいです。こちらの講座はなかなか情報が少なく、実は受講するまでに悩みましたが、修了した今は受講してよかったと思います。
          日々の仕事と子育ての合間に勉強の時間をつくりました。eTextのおかげでスマホやPCで隙間時間にテキストを確認できたのが、学習が進んだ理由のひとつだと思います。重たいテキストをいつも持ち歩くのは大変なので、eTextは本当に助かりました。
          隙間時間でテキストをしっかり読み込んだあとに、ノートにまとめていきました。
          リポートの提出もネットでできるのが時短になってよかったです。
          今後もテキストをさらに読み込んで、学んだことをしっかり根付かせていきたいと思います。


            受講した講座
            品質管理を極める
            Oさん

            品質管理を基礎から学びたいと思い、今回初めて産能能率大学の講座を受講しました。
            テキスト自体はシンプルなものでとても見やすく、初学習者である私にとってはとても取り組みやすいものでした。
            課題に関しては問題数も多いわけではなかったので、テキストを一通り勉強してから課題に取り組むようにしました。90%以上の正答率で優秀修了証がいただけるということで、90%以上を目指して課題に取り組みました。
            課題提出はインターネットから行ったのですが、とても早く採点結果が送られてきました。またコメントも記入されていたので、間違えたところを復習する際、間違えたところ、また正解している部分もいっそう力を入れて学習することができました。
            今回の品質管理の講座を通して、基礎的な部分は理解することができたと思います。

              ページ先頭へ