このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

ボールペン字がうまくなる『3つのコツ』

きれいに文字が書ける3つのコツ

学校法人産業能率大学 総合研究所では、毎年、皆様にボールペン字の練習成果を披露いただく場として、ボールペン字大賞(コンクール)を実施しています。
そのボールペン字大賞の審査委員長である日本書蒼院 岡田崇花先生に、誰もがすぐに実践できる、きれいなボールペン字を書くための3つのコツを教えていただきました。
「自分の字に自信がない」・・・そんな方はぜひこの3つのコツを試してみてください。

    岡田崇花先生

    岡田崇花先生

    ①「ひらがな」はバランスを意識しよう

    ひらがなは誰でも書くことはできますが、きれいに書くことは、実は漢字よりも難しいものです。まずはひらがなをきれいに書くコツからご紹介します。

    中心線で揃える

    「う」、「ち」などを書くときは、中心線を意識しましょう。それぞれの一番上の場所と、最後の下の場所を揃えることがポイントです。中心位置が揃っているだけで、印象はだいぶ変わってきます。

    う

    ち

    バランスを意識して揃える

    中心線の次はバランスを意識しましょう。例えば「を」であれば、中心線から左右均等になるように、バランスを整えます。また、「か」は左右の高さを揃えるとよいでしょう。

    を

    か

    ②「漢字」は基本ポイントを押さえよう

    ひらがなと違って、漢字は種類がたくさんあるため、すべてを練習することは大変です。しかし、代表的なポイントを学習すれば、似たような文字へ応用することができます。ここでは、2つのポイントをご紹介します。

    「払い」は2/3まではゆっくりと。最後はリズミカルに

    ボールペン字は習字と違って、左と右の払いを比べると、左払いのほうが難しいです。そこで意識したいポイントが、2/3まではゆっくりと書いて、最後の1/3でリズミカルにペンを走らせることです。丁寧に書き過ぎると揺れてしまったり、逆に勢いに任せ過ぎると場所がずれたりしてしまいます。

    大

    本

    横線は一本長くして、あとは揃える

    「葉」や「書」など、横線が何本もある漢字を書くときは、一本の長い線をしっかり書くことが大切です。一本長くして、あとの横線は長さを揃えると、きれいに見えてきます。また、右肩上がりではなく、真っすぐに書くこともきれいに見えるポイントです。ただし、例外もありますので、ご注意ください。

    葉

    書

    ③文字の中心を意識して書こう

    社会人や主婦の方は、普段パソコンを使うことが多いため、年賀状の時期などに、いざ手書きで文章を書くと、真っすぐに書けないことがよくあります。最後は、縦書きの文章が曲がらず、真っすぐ書けるポイントをご紹介します。

    文字の中心を意識して書くことは、その文字をきれいに書くことだけでなく、真っすぐ文章を書くことにもつながります。
    例えば「れ」を書くとき、縦線を真ん中に書いてしまう人をよく見かけます。「れ」は右側が大きいですから、「れ」が右に膨らんでしまうと、続く文字も右に寄ってしまい、文章自体が曲がってしまうわけです。
    特に書くことが多い文字は、その文字の中心を意識するとよいでしょう。

      あいうえお

      縦線を真っすぐ書く練習を

      手書きに慣れていない方は、縦線を書くだけでも曲がってしまうことがあります。文字をきれいに書くためには、縦線を真っすぐ書けるようになることが非常に重要です。
      「最近手書きをしていないな」という方は、ぜひ方眼紙などを利用して、縦線を書いてみましょう。まずは方眼紙の線をなぞって、それに慣れたら、線と線の真ん中や、3等分にもチャレンジしましょう。

        方眼紙

        これらのポイントは、文章を真っすぐに書くことだけでなく、文字自体をきれいに書くことにもつながります。例えば、木へんの漢字を書くときに、左側が1/3で右側が2/3といった具合で文字自体のバランス調整が上手になるわけです。

        【番外編】手書きとパソコンの文字は違う!?
        本やパソコンで使われている文字(活字)と手書き文字は異なります。ですから、活字をお手本に書いたとしても、必ずしも上手になることはありません。
        代表的なものとしては「で」があります。パソコンでは、濁点が中に入る場合が多いのですが、手書きでは、上の線の延長線上にないときれいに見えません。

        他にも横線の長さや払いなど、活字と手書きで違うものがありますので、上達するためには、手書き文字をお手本とするほうがよいでしょう。

        最後に

        パソコンや携帯電話が普及したことで、手で文字を書かない人が増えています。そうすると、いくら子どもの頃に頑張って練習していたとしても、衰えてしまいます。
        社会人の方であれば、例えば取引先へのハガキに一筆加えたり、メールでなくてもよい場合は付箋に文字を書いたりと、手書きの機会を増やすことをおすすめします。
        テクニックをご紹介してきましたが、きれいな文字の第一歩はとにかく書くことです。ぜひたくさん書いて、美しい文字を身につけてください。

        学校法人産業能率大学では、社会人のためのボールペン字通信講座を実施しています。ボールペン字をもっと上達したいとお感じなら、ぜひ通信講座をご活用ください。
        >ボールペン字通信講座のご案内

        また、ボールペン字大賞へのご応募もお待ちしております。ご家族揃って、友人・知人をお誘いのうえ、ご応募ください。
        第7回ボールページ大賞の応募締切は2016年9月26日(月)必着です。
        >第7回ボールペン字大賞のご案内

        ページ先頭へ

        • 年間ランキング2016
        • 人気ランキング
        • パックコースでお得にビジネススキルアップ!
        • あなたの講座選びをサポート学びコンシェルジュ
        • 資格試験カレンダー