このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

消費生活アドバイザー 合格者インタビュー

「自分を信じて、できることに集中的に取り組む」。これが合格の秘訣です。

大同生命保険株式会社
品質管理部 CS推進課
箕浦 悠様

CS推進課に所属し、お客様満足度を高める施策の企画立案をしている箕浦様。業務が大変お忙しい中、短期集中型の学習方法で、見事に一度の受験で合格されました。その学習方法と合格の秘訣をお聞きしました。

私は品質管理部CS(Customer Satisfaction)推進課に配属されて今年で2年目となります。お客様のさまざまな声を分析し、各部門、特にお客様との接点が多い営業部門などに対して、お客様満足度を高めるための情報提供や働きかけ、企画提案などを行うことが主業務です。

消費生活アドバイザーの資格取得のきっかけは、配属されてすぐの頃、より消費者の視点を持つために消費生活アドバイザー資格の取得を上司から勧められたことです。
保険業界に身を置いているため、これまでもさまざまな資格を取得しましたが、この資格は、取得後に活動範囲や視野が広がると感じたことも資格取得を目指したきっかけです。

    大同生命保険株式会社 箕浦様

    通信講座 テキスト

    1次試験対策の学習は6月から始めました。1次試験までは3~4か月くらいしかありませんでしたので、限られた時間で効率よく進めることに留意しました。

    主な学習教材は、産業能率大学の通信講座のテキストと過去問題集です。
    平日は電車通勤の往復1時間を使って、テキストを2回通読しました。

      休日は通信講座の添削用リポートを作成し、その提出を終えたあとは、1次試験の直前まで直近3年間分の過去問題集に取り組みました。
      過去問題集は1問ずつ解いていき、その都度答えを確認するというやり方です。間違えた問題については、日を改めて2回、3回と繰り返して取り組みました。

      当時、平日は忙しかったこともあって、通勤時間のみを学習時間として使いました。一方、休日は8月までは半日程度、9月からは試験直前ということもあって、終日を学習に費やしました。

      1次試験の合格後は仕事がピークだったこともあって、1か月くらいは2次試験に対する学習ができませんでした。本格的に学習できたのは、試験前10日間くらいです。

      産業能率大学主催の「2次試験対策講座」に出て、論文は消費者問題・行政・生活経済・企業経営の4つのテーマに絞って学習しました。

        2次試験対策講座 テキスト

        面接については取り組む時間がほとんどありませんでしたので、「2次試験対策講座」のプログラムにある「模擬面接演習」でポイントを確認し、聞かれる内容の概要をつかみ、家族相手にロールプレイを行いました。

        10日間でも諦めずに集中して学習できたのは、講師が「10日間で合格した人もいる」とおっしゃっていたからです。その言葉を聞いていなかったら諦めていたかもしれません。

        ― 資格を取得されて、今後取り組みたいことがありましたら、教えてください。

        資格を生かして、今後さまざまなネットワークが作れるのではないか、と期待しています。先日懇親会に行ってきたのですが、私のような若い人間でも資格取得者ということで受け入れていただけました。また、ご出席されている方々は企業の責任者クラスの方や金融業界の方も多く、お話を聞くだけでも非常に勉強になることばかりでした。

        大それたことは言えませんが、社外のネットワークを通じて勉強したことを自社に持ち帰り、お客様満足度の向上につながる施策を推進していくことができたら、と考えています。

        消費生活アドバイザーは、合格してからが本当のスタートだと思います。合格後も勉強をしなければ法律をはじめ社会の変化に置いて行かれると思いますし、業務に生かせないと思っています。入社5年目ということもありますが、勉強を続けてさらに成長していきたいと考えています。

        ― 今、勉強をしている方、あるいは資格取得を検討中の方へ、メッセージをお願いします。

        私は試験まであまり時間がない中で学習を始めましたが、自分を信じてできることを考え、一生懸命取り組んだことで合格できたと思っています。

        「間違えた過去問題を繰り返し解く」「通信講座のリポート問題の復習」「2次試験は得意科目に絞って集中的に学習する」など、学習に使える時間と試験までのスケジュールを考え、できるだけ効率的に学習を進めました。

        私と同じように、思うように学習時間が取れない人もいるかもしれませんが、きっと合格への道筋があると思います。
        諦めることなく頑張ってください!

        ページ先頭へ