よくある質問

お問い合わせ

講座を探す
通信講座
資格取得セミナー
SANNO夜活講座
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

ファイナンシャルプランナーとは

頼れる資産運用の専門家

ファイナンシャルプランナーは、お客様やご自身の夢・目標を実現させるため、法律や保険、不動産などの専門家の協力を得ながら、ライフプランにあわせた最適な資産のプランニングを行います。
例えば、マイホームを持ちたいというお客様には、ファイナンシャルプランナーは、不動産の知識、相続や贈与の可能性とそれにまつわる税金の知識、金融商品 の知識、ローンの組み方、返済方法といった広範囲な知識をベースに、お客様の年齢、個性、仕事、家族構成やマイホームに対しての要望などから、資金計画と生活設計をプランニングします。

    ファイナンシャルプランナーとは

    ますます求められるファイナンシャルプランナー

    現在のように、不透明で将来像が描きにくい時代、将来の夢や目標を着実に実現していくために、まず確保しなければならないのが経済的な基盤です。
    収入も、資産運用も、以前のように右肩上がりを期待することができなくなった今、短期及び中長期的な資金・資産計画をしっかり立てることが、何より大切なことといえるでしょう。しかしながら、世間には様々な金融商品があふれていて、どれを選択したらよいのかはなかなかわかりにくいのが実状です。さらに年金や社会保険の知識、生命保険、損害保険の活用法、不動産の取得やその運用、所得税や相続税などの税金の知識なども十分理解しなければ、有効な資金・資産計 画は立てられません。
    そこで求められるのが、プロの立場から、最適な資金・資産計画をトータルな視点でプランニング・アドバイスする専門家「ファイナンシャルプランナー」です。

    ファイナンシャルプランナーの活躍の場

    金融の自由化により、資産運用に関して業界の垣根はなくなりつつあります。普通預金、定期預金などを扱っていた銀行や信用金庫が株式運用を組み込んだ投資信託などの商品を扱うようになり、逆に、証券会社も資産運用とともに貯蓄性の高い商品を扱うようになりました。
    このような中、個人資産運用のプロであるファイナンシャルプランナーは多くの企業で求められています。
    ファイナンシャルプランナーのもつ知識は、社員のライフプランに関する相談に応じたり、人事制度を運用したりする際に役立つことから、一般企業の人事・総務部門などでもファイナンシャルプランナーの活躍が期待されています。


    ページ先頭へ

    コース一覧

    ページ先頭へ