このサイトの使い方

よくある質問

お問い合わせ

資料請求リストを見る

申込カートを見る

講座を探す
全講座一覧
ジャンルから探す
目的から探す
受講の前に
特集
ご受講の感想
お申込案内
コラム
|
受講サポート

バックナンバー:2014年度・5月号 消費者問題の重要キーワードと昨年の試験傾向

消費生活アドバイザー試験対策マガジン 2014年度・5月号(2014/5/2)のバックナンバーです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□  消費生活アドバイザー試験対策マガジン ★5月号☆
□■□
──────────────────────────────────
発行元:学校法人産業能率大学 発行日:2014年5月2日
──────────────────────────────────

皆様こんにちは。事務局の緒方久人です。

新緑が深まり、産能大のつつじも一機に咲きました。新たな旅立ちの季節、
多くの方が試験合格に向け、歩み始めたことと思います。
各地の「消費生活アドバイザー試験対策ゼミ」も全てスタートしました。
試験に向け、より良い情報をお届けして参ります。

★今年の消費者月間テーマが発表されました!
「つながろう消費者 ~安全・安心なくらしのために~」
消費者庁のHP、チェックされましたか?
http://www.caa.go.jp/information/2014gekkan/index.html

──────────────────────────────────
≪目次≫
【1】試験に出そうな話題をつかもう!「昨年の試験傾向」
【2】ゼミ後記 :試験対策ゼミ担当講師からワンポイントアドバイス!
【3】注目トピックス
──────────────────────────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】試験に出そうな話題をつかもう!「昨年の試験傾向」
──────────────────────────────────

こんにちは。自由が丘産能短期大学講師で消費生活アドバイザーの菊地千恵子です。
学習をスタートされた皆さん、試験範囲の広さに戸惑う方もいらっしゃるかと
思いますが、科目の全体像をつかみ一歩一歩進めましょう。
再チャレンジャーの皆さん、昨年の試験を振り返って学習計画を練ることが
大切ですね。
合格をめざして、これから一緒に頑張っていきましょう!
2014年度の4月号では、まず昨年度試験の傾向をお伝えします。

■2013年の試験傾向
★1次試験★
1次の合格ラインは正答率65.7%と、前回の63.7%から少し高くなりました
(日本産業協会発表)。
例年同様に、「消費生活アドバイザー通信教育」テキストの内容とその応用問題が
70%以上出題されていますので、受験対策にはテキストの学習が欠かせない
といえるでしょう。

◎「消費者問題・行政・法律分野」では、15問中7問が法律知識から出題
 されました。
 民法、特定商取引法、消費者契約法、製造物責任法といった定番の法律が中心
 ですが、複数の法律の組み合わせ問題が増えたことで、やや難化しています。
 消費者問題では、最近の問題商法の手口を取り上げた出題が目立ちました。

◎「経済分野」は、経済学、経営学、マーケティングの各理論、家計の統計データ
 と、例年通りの出題傾向でした。物価変動や税制など、経済動向を踏まえた出題
 もみられますので、今年も時事問題には注意したいところです。地球環境と
 エネルギー需給の科目では、出題数3問がすべてエネルギー関連でした。

◎「生活基礎知識分野」は、通信教育テキストのキーワードを理解していれば、
 得点しやすい内容でした。住生活の科目では住宅設備・機器の出題が増えました
 が、年度によって傾向が変わるためテキストを万遍なく学習することが必要です。
 暮らしと情報の科目は、ソーシャルメディアや情報セキュリティ用語などの
 新しい知識が求められました。

★2次試験★
◎小論文試験では、現在の消費生活や経済社会を反映した重要テーマが揃いました。
 企業の社会的責任、リコール、消費者契約、消費税、ダイバーシティ、少子化、
 温暖化問題などが取り上げられ、消費生活アドバイザーとしての問題認識が
 試されています。

◎面接試験は、毎年「資格取得の動機」や「資格の活用」に関する質問が中心に
 なっています。ぜひご自分の意志を固めて、受験勉強を開始しましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【2】ゼミ後記 :試験対策ゼミ担当講師からワンポイントアドバイス!
──────────────────────────────────

■「消費者問題」東京土曜コース担当講師 古谷由紀子

「消費者問題」は消費生活アドバイザーの基本

消費生活アドバイザーの勉強を始めて最初に手にするのが「消費者問題」ですね。
「消費者問題」は、なぜ消費者問題が発生するのか、の理解を出発点とします。
そして消費生活アドバイザーの仕事も同じです。ここを出発点として、企業や行政
が、あるいは消費者や消費者団体が何をなすべきか、何ができるのか、を考え
続けることが重要です。「消費者問題」に載っている事例や現在起きている事例を
基に考えながら勉強してくださいね。それがきっと合格への早道でもあり、
皆様が合格後に行うさまざまな仕事や活動の根幹ともなるはずです。

ますます複雑になってきている社会において、さまざまな場面で
消費生活アドバイザーが求められています。私は企業のCSRへの取組みに
関わっていますが、企業が消費者との関係を適切に理解して取り組むことが
できるように、「消費者問題」の基本を踏まえ、何をしなければいけないかを
具体的に提案しています。またこれらの仕事や活動の際に忘れてならないのは、
企業が消費者利益の実現に取組むことができるように経済や経営の現状を踏まえた
提案であることです。

これは「経済」や「企業経営」などの科目をしっかり勉強することで身につける
ことができます。他の科目も同様に消費生活アドバイザーの仕事に結びついている
ことを具体的に感じながら楽しんで勉強してくださいね。
皆さまの合格の報告を心よりお待ちしています。

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

■「消費者問題」大阪コース担当講師 北村泰子

今の時期は、知識のインプットに努めましょう。

こんにちは。
試験対策ゼミ(大阪)「消費者問題」受講された方、お疲れ様でした。
一次試験まであと5ヶ月ですね。
今の時期は、知識のインプットに努めましょう。
押さえておきたいキーワード ベスト3は、「消費者問題」では、次の通りです。

1.訪問購入:
  特定商取引法(2012年8月改正、2013年2月21日施行)で訪問購入が7つ目の
  規制対象取引となりました。自宅に押しかけて買い取る、いわゆる「押し買い」
  で、クーリング・オフ制度も設けられました。自動車、本・CD類、家具、
  有価証券、家電などは適用除外となります。

2.メニュー表示問題:
  2013年10月、ホテルや百貨店のレストラン等において、メニュー表示と異なる
  食材を使用していたことが発覚し、社会問題となりました。これを受けて、
  「都道府県知事の権限強化」など、「景品表示法」改正が検討されています。

3.健康食品の送りつけ:
  申し込んだ覚えのない健康食品が代金引換配達で送付されるなどのトラブル
  が2013年度36,000件以上発生しました。
  被害にあうリスクの高い、高齢者などを地域で見守る「消費者被害防止
  ネットワーク」の拡充が求められます。

では、適度に気分転換を図りながら、頑張って下さい。

 ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

■「経済一般知識Ⅰ」大阪コース担当講師 北村欣見子

「経済一般知識は苦手!」とおっしゃる方!

こんにちは。
私は先日、大阪会場で今年の受験に熱い闘志を燃やしておられるみなさんと
お目にかかりました。
試験までは長期戦となります。
体に気をつけてがんばってください。

ところで、「経済一般知識は苦手!」とおっしゃる方もおられます。
初めはとっつきにくいですが、用語に慣れて、論理的に考える習慣をつけると
なかなか面白い科目です。

たとえば、最近の話題から
消費税が8%になったのは、どうしてかな?
社会にどんな影響があるのだろう?
TPPとFTA,EPAはどうちがうのかな?
自由貿易、保護貿易を主張した経済学者は誰だったかな?
ということを、経済一般知識で学んだことを手立てに考えてみましょう。
ご自身の知的な世界が広がるとともに
試験対策にもなりますよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】注目トピックス
──────────────────────────────────

★平成25年度実施 徹底解説・過去問題集のお申し込み受付中★
(問題集は現在製作中で、5月中旬から発送いたします)
試験の傾向を知るためにも、3年分以上の購入がお奨めです!

↓徹底解説・過去問題集のお申し込みはこちらから
http://www.hj.sanno.ac.jp/ps/page/6777

★試験対策ゼミ【科目別】:開催【開催地:東京・大阪】★
「全12回の参加はどうしても難しい」という方のために、3回までの単独受講
が可能です。
1次免除の方も今年の傾向を探るために是非、ご参加ください!
どの科目を取ろうか悩んでいる方は、お気軽にお問い合わせください!!

↓試験対策ゼミ【科目別】のお申し込みはこちらから
http://www.hj.sanno.ac.jp/ps/page/7352

是非、ご参加ください。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓メールマガジンの登録解除はこちら
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=nfp-ljqfk-5a6785d803fb82bb0b75ccb5e75f0bd6

【発行元】学校法人産業能率大学 総合研究所 マーケティングセンター
 消費生活アドバイザー試験対策マガジン発行事務局
 mailto:ls@hj.sanno.ac.jp

Copyright(c) The SANNO Institute of Management
掲載記事の無断転載を禁じます。
──────────────────────────────────
学校法人産業能率大学 総合研究所 http://www.hj.sanno.ac.jp/

〒158-8630 東京都世田谷区等々力6丁目39番15号
TEL 03-5419-6088(平日9:00~17:00)、FAX 0120-691-959
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

ページ先頭へ

  • 年間ランキング2016
  • 人気ランキング
  • パックコースでお得にビジネススキルアップ!
  • あなたの講座選びをサポート学びコンシェルジュ
  • 資格試験カレンダー