総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「日本の職場における幸福感の構造(その1)」【Hapinnovation Lab Letter Vol.7】

「日本の職場における幸福感の構造(その1)」~Hapinnovation Labによる統計調査 説明変数から~

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第7回目はどのような展開になるか?!


ベイタ博士


前回(Vol.6)は、150か国にわたる調査に基づく主観的幸福感についての紹介をしたが、“仕事”というものの重要性について、理解を深めてもらえたのではないかと思う。しかし、その幸福であるという心象を形成する要素にまでは触れておらんかった。
これは、Hapinnovation Labの研究会があるたびに話題になるし、「自分が採用に関わった社員が職場で幸せに働いているかが心配だ」というヅカさんの熱い想いのこもった質問でもある。

これに応えなんだらHapi(ハピ)_Lab(ラブ)の名が廃るというもんじゃのう、ヅカさんや!

    ブル


    そのとおりですよ!
    私は、Vol.2の「日本人は幸福度が低いのか」に書かれていた日本の幸福度の状況を知ってから、どうも心に引っかかるものがあったのですわ。
    ところが、ハピノ先生が『日本には日本の主観的幸福感がある』ということと、『Hapi(ハピ)_Lab(ラブ)で日本企業を対象としたアンケートとインタビュー調査を行う』ことを聞き、楽しみにしてました。
    因みに、インタビューでは、私にも声が掛かるかな・・・と、万全の協力体制で待っていたんですがね。自分なりの想いを言いたくてね・・・。

      ベイタ博士


      ヅカさんありがとう!ありがたい話じゃな。
      調査は、まだまだ継続して行っているので、ぜひ今後も協力してもらえると助かるのう・・・。

      さて、本題に戻って、アンケート調査の結果について、ヅカさんファンのハピノから話して貰うこととしよう。

        ハピノ研究員


        はい、ベイタ博士!では、調査結果の概要をご紹介しましょう。
        まず、研究室で質問項目の検討会を行い、小規模の予備調査を行い、そのうえで本調査を実施しました。
        結果として予備・本調査で1,000名を超える方からご回答をいただきました。
        本調査では、20歳代から50歳代まで各階層の男女100名、計800名の職業人のものを分析対象としました。調査は、webを用い、2012年の夏に行いました。

          ヅカ


          1,000名超!?凄いねぇ、本格的な調査だなぁ。

          ところで、今頃、こんなことを言うのも何なのだが、私は『幸福です、あるいは幸福ではありません』という主観的であり感覚的なものを正しく測れるものかねぇ?

            ハピノ研究員


            そうなんです。流石ですね、ヅカさんは!
            幸福度の測定は、常にそこが注目されます。
            自分の人生全般にわたる幸福度、最近の幸福度、あるいは仕事で感ずる幸福度などを分けて答えることは難しいのが現実ですし、また、アンケートへの回答直前にあった出来事が、幸福感を左右することも少なくありません。
            そこで私たちの調査では、『あなたは幸福ですか?』というような聞き方はせず、正味感情量によって幸福度を把握することにしました。

            正味感情量とは、「幸せな/暖かな・心暖まる/楽しんでいる」という感情の肯定的形容詞と、「不満な・イライラする/沈んだ・憂鬱な/わずらわしい・振り回される/腹の立つ・敵意のある/心配な・気がかりな/非難される・けなされる」という感情の否定的形容詞を設問項目とし、それぞれの平均点の差によって幸福感情を捉える方法です。
            ですから、数値が大きい場合には、幸福度が高く、小さいあるいはマイナスになると幸福度が低いということになります。


              納得!
              この調査は、『会社や職場、あるいは仕事のなかで、幸福な感情とそうではない感情をどの程度感ずるかを聞き、その頻度や強度といった回答の差から主観的幸福度を決める』という理解で良いですな。
              あと、もう1つ、前回(Vol.6)触れた『労働の創造』とはどのような関係になるのかを教えてください。

                ベイタ博士


                流石に人事エキスパートじゃ。
                アンケート調査に慣れているし、鋭い突込みをするのお!

                このアンケート調査は、日本企業の職場における主観的幸福感の構造を解明するためのものであり、それは同時に、『労働の創造』を推進していくための基礎研究なのじゃ。のう、ハピノ。

                少し雑な言い方になるが、幸福感を感ずることができるような働き方を目指すことが『労働の創造』ということじゃから、職場における主観的幸福感に影響している要素を明らかにすることは、労働の創造の道筋についての基礎的な知見も得られると考えているのじゃ。

                ところで、どうじゃ、ハピノや、まず分かりやすく調査の結論から示してはどうかな?

                  はい、では結論から参りましょう。まず、図1をご覧ください。

                    〔図1〕職場における主観的幸福感の構造


                    これがアンケート調査の結果を1枚の図にしたものです。
                    右に書かれている「職場における主観的幸福感」というのが、この調査で解明しようとしている対象で、目的変数と呼びます。
                    そして、この目的変数を構成する要素を説明変数と呼びます。

                    今回の調査では、ご覧のように(1)会社・経営者への信頼と共鳴、(2)職場と上司への信頼、(3)安心できる空間、(4)余裕や遊び、そして自己決定のできる風土、(5)自己の周囲への貢献実感、(6)職場の革新的気風、(7)仕事そのものとの関わり、という7つの説明変数(因子と呼びます)となりました。
                    これは興味深いことに『会社要因(会社・経営者と自分とのつながり)・職場要因(職場における上司・仲間・しくみ・風土などと自分とのつながり)・仕事要因(仕事そのものと自分との関係)』という3つのグループに分けて考えることができます。

                    どうでしょうか?ご覧になった感想は・・・。
                    『やっぱりねぇ』というようなものが多いのではないでしょうか。
                    私たちは、会社、職場、仕事との関わりやつながりのなかに、それぞれが意味を見出すことで幸福感という心象を形成しているということになります。
                    少し気をつけなければいけないことは、『関わりやつながり』ですから、一方的に与えられると考えるのではなく、相互関係で創りあげていくという姿勢が大切であることです。

                      ベイタ博士


                      そう、そこは実に重要なところじゃ!
                      つまりじゃな、例えば「会社・経営者への信頼と共鳴」というのは、信頼できる会社や経営者をただ求めるのではなく、自ら行動して、相互の関わりで創りあげていくものと考えて欲しいのじゃ。それを『つながる』というんじゃな。
                      そうでなくては労働の創造などということは言えないし、単なる甘ったれた考え方にしかならん!ここは十分に気ぃつけにゃいかん。ここは重要だぞ!

                        ヅカ


                        なるほどぉ~、実に素直にうなずける!
                        個人的には、「余裕や遊び、そして自己決定のできる風土と、安心できる空間」というのに共感できる。そんな会社だからこそ自信を持って採用活動ができるし、そうありたいといつも考え行動しているつもりではある!
                        ところで、ちょっと気になったのは、下に書かれている媒介変数ってやつなのだが・・・?

                          ハピノ研究員



                          アラッ、やっぱり気づかれましたか?
                          豪放磊落でありながら、視点は緻密ですね・・・(ウフッ!)。

                          媒介変数というのは、目的変数との直接的な関係は認められないのですが、間接的に影響を与えている要素です。目的変数と説明変数の結びつきを『強めたり、弱めたり』する影響を持つ要素です。

                          今回の調査では、図1にあるとおり、4つの因子が見出せました。
                          ただ、これにつきましては、次回(Vol.8)に詳しいご紹介をします。その代わり、ここではアンケートの単純集計から見出すことのできた傾向をご紹介しようと思います。
                          意外に興味深いことが発見されました。

                            〔表1〕単純集計からの所見(4件法にて実施)4点満点  〔表2〕単純集計からの所見(4件法にて実施)4点満点

                            ヅカ


                            うーん、ショックだ!
                            30代の男性社員の幸福度がボトムかぁ~。一番活躍して欲しい年代なのになぁ!最近、30代に力強さが欠けているのはこのせいなのかな?ハピノ先生・・・

                            えぇっと、そうそう、ベイタ博士、採用と育成を担当している者としては、本当に考えさせられる内容ですわ。キャリア理論などで言う世代課題なども関連しているだろうと思うが、男女関係なく20代、30代にはもっと高い幸福感を感じて欲しい・・・率直にそう思う。

                              ベイタ博士


                              何じゃ、わしゃあ、ハピノの付足しの感じじゃのう・・・。
                              まぁ、良いじゃろう。ヅカさんの気づきは実に大切なものじゃ。とは言いながらも、そうそう簡単に結論付けるのは止め、もう少し深掘りしてみないかのぉう!

                              そこでじゃな、次回は「日本の職場における幸福感の構造(その2)」として、今回触れなんだ媒介変数についての議論をしてみたい。その人の仕事に向かうスタイルやキャリアのありようなどが幸福感に影響するという話しじゃ。ハピノ、準備を頼むな。



                                ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                                 「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                                ページ先頭へ

                                • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                                • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                                • デジタルカタログはこちらから
                                • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                                • 総合研究所 経営管理研究所
                                • グローバルマネジメント研究所
                                • サンノーWebサポート
                                • SuperGrace Web成績管理システム
                                • マナビバサンノー