総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

矛盾する周囲の期待【第4回 データで読み解く最近の新入社員】

矛盾する周囲の期待

最近の新人に対する現場管理者の評価では「指示待ちの傾向がある」「察して動くことが苦手」とよく聞く。産業能率大学が上場企業の課長に若手社員の傾向を尋ねた結果でも、マジメだが貪欲さや帰属意識に欠け主体性が低いと認識されている。
貪欲さは前々回、帰属意識は前回に扱ったので、今回は主体性が低いと評される状況を整理したい。

これからはグローバル化とダイバーシティの時代だと言われる。
価値観が異なる人が同居し活性化につなげ、海外市場で企業の成長を実現することは必要だ。内需企業でも非正規雇用の拡大などで構成員の価値観は多様化している。

日本人は、価値観が同質化した環境での『あうんの呼吸』など、「ハイコンテキスト」のコミュニケーションが得意と言われているが、価値観が異なる環境では、細かな説明や文字を通じた「ローコンテキスト」の情報伝達が必要になる。このため社会や企業の総意としては、価値観が異なる人たちと円滑にコミュニケーションできる人材を求めていると考えられる。

一方、冒頭であげた最近の新人に対する評価の声は、「察して動く」振る舞いを期待するものである。
世の潮流としてはローコンテキストの情報伝達力の向上を期待しているにもかかわらず、現場の最前線ではハイコンテキストの情報伝達力を欲している。
相反する期待で彼らを拘束してしまっている状況が生まれていると考えられないか。新人という弱い立場上、どちらの期待も応えようとしてしまい、精神的に追い込まれやすい環境にあるのかもしれない。

ここでは、現場のコミュニケーションにおいてローコンテキストの情報伝達を徹底すべきだと主張したいのではない。察するコミュニケーションの方が双方の手間もかからないことは確かだ。まずは、新人たちを取り巻く「周囲」が、矛盾する期待を寄せてしまっている側面を自覚する必要があるのではないか。

人を受け入れるためには、相手を知り、自分を知ることが前提だ。できる限り新人たちと自分たちを二元的に切り分けないように意識するだけでも、姿勢が異なってくるはずだ。

最近の若手社員を総じてみた傾向

最近の若手社員を総じてみた傾向

産業能率大学「上場企業の課長に関する実態調査」(2011)

(本コラム担当:企画広報部 企画広報課 秋山 和久)

繊研新聞(繊研新聞社)での連載(2/26~3/19、毎週火曜日)を一部修正して掲載しています。

【連載】データで読み解く最近の新入社員

内容 公開日
データで読み解く最近の新入社員 連載TOP 2013年6月 5日(水)
第1回 新入社員を受け入れる 2013年6月 5日(水)
第2回 最近の若者論を疑え 2013年6月13日(木)
第3回 SNS時代の新人 2013年6月19日(水)
第4回 矛盾する周囲の期待 2013年6月26日(水)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)