総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

SNS時代の新人【第3回 データで読み解く最近の新入社員】

SNS時代の新人

よく『最近の若者』について、「仕事に取り組む意識が意欲的でない気がする」「仕事上の人間関係を深めようとしない」「急に飲みに誘うと断られ、飲みに行ってもスパッと帰ってしまう」といった声を聞く。今回はこの背景を考えてみたい。

『最近の若者』が育ってきた背景として情報環境の激変は見過ごせない。
携帯電話のネット通信「iモード」は99年に開始された。新人が5歳~9歳の頃だ。日本でのSNSの先駆け「mixi」の利用者数が1千万人を超えたのは07年で、新人たちが中学生から高校生のときである。

これに伴い新人たちを取り巻く『ネットワーク』が変化している。
モバイル端末やSNSの台頭にともない、起きた瞬間から寝る瞬間までスマートフォンを握る手の中で友人とつながり続けている。時間は有限なので、「一人」の時間は必然的に少なくなる。総務省調査では、「いつも友人や知人とつながっているという感覚が好き」が新人世代では顕著に高い。人とつながり続ける環境に育った世代の特徴と言えそうだ。

情報機器やSNSが浸透する以前(ほんの数年前)は、いったん社会にでると、自身を取り巻くネットワークはいったんリセットされる状態に近く、平日は仕事上の人間関係(会社の上下左右の関係と取引先との関係)が自分をほぼ占拠した。学友と平日に会うことは少なく、週末に集まる程度。就職して家を出ることも当たり前だったため、必然的に「組織の構成員」として過ごす時間が大半となり、時間の経過とともに仕事や組織との結びつきが強くなっていった。

一方、現在では、簡便なコミュニケーションツールにより、友人関係も日常生活の中で一定割合を占め続ける。中学・高校・大学の友人関係がリセットされずに蓄積かつ継続されながら、これに仕事上の人間関係が加わっていく。限られた『パイ』のなかで、組織の構成員としての時間・意識の『シェア』が下がっていくのは当然のことなのかもしれない。『上の世代』とは、育ってきた背景も、社会に出たときの状況も、大きく異なるのである。

いつも友人や知人とつながっているという感覚が好きか

いつも友人や知人とつながっているという感覚が好きか

総務省「日本人の情報行動調査」2010

(本コラム担当:企画広報部 企画広報課 秋山 和久)

繊研新聞(繊研新聞社)での連載(2/26~3/19、毎週火曜日)を一部修正して掲載しています。

【連載】データで読み解く最近の新入社員

内容 公開日
データで読み解く最近の新入社員 連載TOP 2013年6月 5日(水)
第1回 新入社員を受け入れる 2013年6月 5日(水)
第2回 最近の若者論を疑え 2013年6月13日(木)
第3回 SNS時代の新人 2013年6月19日(水)
第4回 矛盾する周囲の期待 2013年6月26日(水) 

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。