総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

新入社員を受け入れる【第1回 データで読み解く最近の新入社員】

新入社員を受け入れる

現場での新人受け入れに際し、重要なことは3点ある。ひとつは「心構え」だ。

新人の育成・指導は、指導する現場の担当者にとって大きな負担になることは間違いない。現場での指導には手間・ヒマがかかりストレスも増えるはずだ。

こうした中で、受け入れ側にとって重要な心構えは「自分自身の成長につながる機会だと認識し続ける」ことだ。
自らが経験・学習してきたことは「人に教える」ことでその定着が図られる。学習内容の定着率を調べた研究結果でもこのことは明らかになっている。
新人に指導していくことで、自分自身も業務の位置づけや全体像、ルーティン業務の意義を再認識できる。人を育てることは、その経験を通じて自分自身も成長していくことなのである。

また、たとえ覚えの悪い新人だったとしても、自分の教え方は適切だったか、新人が質問すること自体に躊躇してしまう雰囲気がなかったか、実践する機会を与え切れていたか(自分がやった方が早いと考え、自分でやってしまっていないか)、常に自責に置き換えて内省する姿勢が不可欠だ。

2点目は、指示や教え方の技術と計画性である。
単に指示を伝達するだけでなく、例示(たとえ)や演示(やってみせる)によって伝える、相手に指示内容を繰り返させる、何をするかを伝える前になぜするのかを伝える、などである。書籍も様々あるので何冊か目を通すだけでも違うだろう。研修団体のセミナーも体系的に学べるので薦めたい。
計画性については、いつまでに何を経験させてどのような状態になってもらうか、明文化して、彼・彼女らと共有しておきたい。新人にとっても能力開発のイメージが形成される。

3点目がこの連載の本題である。
新人たちがどのような環境で育ってきたのかを理解しておかなければならない。背景情報をおさえておくことで、仮に価値観が異なっていたとしても、これを受け入れやすくなる。

次回以降、この3点目について読み解いていきたい。

新人の受け入れで重要なこと

1.心構え ・指導側も成長できる機会だと心得る
・自分の指導を常に内省する
2.教え方の技術と計画性 ・教え方の技術を学んでおく
・いつまでに何を教えるか明文化し新人と共有する
3.背景情報を得る どのような社会・環境で育ってきたのかを理解する
 ※この連載の本題

(本コラム担当:企画広報部 企画広報課 秋山 和久)

繊研新聞(繊研新聞社)での連載(2/26~3/19、毎週火曜日)を一部修正して掲載しています。

【連載】データで読み解く最近の新入社員

内容 公開日
データで読み解く最近の新入社員 連載TOP 2013年6月 5日(水)
第1回 新入社員を受け入れる 2013年6月 5日(水)
第2回 最近の若者論を疑え 2013年6月13日(水) 
第3回 SNS時代の新人 2013年6月19日(水)
第4回 矛盾する周囲の期待 2013年6月26日(水) 

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。