総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

幸福な職場つくりへのプロローグ【Hapinnovation Lab Letter Vol.1】

幸福な職場つくりへのプロローグ ~Hapinnovation Lab Letterの自己紹介~

はじめまして。Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)の研究員、夢 幸乃(ゆめ ゆきの)です。友達からはハピノ(幸乃)と呼ばれています。
この度、ベイタ(米多)博士こと米多 未来(べいた みらい)と一緒に、ハピノベーション・ラヴ・レター(Hapinnovation Lab Letter)を担当させていただくことになりました。ちょっと凸凹な2人です。

ハピノベーション・ラヴ・レターって、ちょっと変わった名前でしょ。
自分では、ワクワクする良いネーミングだと思っていますが、果たして皆さんには気に入ってもらえるか心配です。

さて、このラヴ・レターは、少し気取って言うと、『「幸福な職場つくり」を目指した情報発信誌』ということになります。けど、あまり格好つけないで、幸福な職場を実現していくうえでの話題を、ハピノベーション・ラヴの参加者であり、Hapinnovator(ハピノベーター)をめざす企業の方々からの質問に答える形式で進めさせていただこうと思います。

第1回の質問者は、ハピノベーション・ラヴの宴会部長こと洒落さんに務めてもらいます。

洒落

少し、言葉の整理をお願いします。
ハピノベーションとか、ハピノベーターとか、カタカナが多くて分かりにくいのですが・・・。

    ベイタ博士

    そうじゃのう、少し悪乗りしすぎたかな。全部洒落じゃよ、洒落さん。
    ハピノベーション(Hapinnovation)なんて、どんな辞書を引いても載っておらん。ハピノと考えた造語じゃ。しかし、気持ちは分かってもらえるじゃろう。見た通りHappyとInnovationの組合せじゃな。
    しかしな、ここでのHappyという言葉には、「プロセス(well-being / get better)と結果(happiness / be good)の双方の幸福を求める働き方と、そんな職場への革新」という想いを込めているんじゃ。

    ちょっと分かりにくいかのぉ。
    つまりな、幸福という結果だけを求めているのではない。ハピノは『仕事をすることそのものが幸福である』と論文に書いておった。そのためには、職場の風土やマネジメントの仕方も、一人ひとりの仕事に対する姿勢や態度、あるいは仕事の仕方を変えていく必要もあるんじゃ。そして、これを実践する人をハピノベー ター(Hapinnovator)と呼ぶことにした。ついでじゃが、この研究を進める私とハピノは、Master of Hapinnovatorとして皆の実践のお手伝いをさせていただいているわけじゃ。

    おお、そうそう大切なことを忘れておった。
    ハピノベーション・ラヴ(Hapinnovation Lab)というのは、ハピノベーターの集いであり、自由に、束縛なく、幸福と職場つくり(組織開発)について研究する誰でも参加できる異業種交流会であり、自ら学ぶ場なんじゃ。

      洒落

      ところでベイタ博士、「幸福な職場つくり」と言っていますが、そもそも幸福とはどんな状態のことなのですか。

        ベイタ博士

        洒落さんは、いつも良い質問をするのぉ。
        しかしな、この問いには簡単に答えられないんじゃ。実は、どのような状況が「幸福」なのかを説明するのは非常に難しいことなのじゃ。幸福とは感ずるものであるからして、言葉にすることの難しさがつきまとうんじゃ。主観的なものであるから、定義が困難なのじゃな。ただし、どんな幸福論があるのかということを少し説明しておこう。それで幸福というものがどのように捉えられているかがある程度分かるだろうと思う。

        幸福論は、古代ギリシャの哲学者アリストテレスにまで遡ることになるぞ。
        アリストテレスは「知性を高めることが幸福である」と言っておる。その他にも、カントは「幸福になるのではなく、幸福に値するような人間になれ」と逆説的なことを言っておるし、近代のイギリス思想では「快楽の増大と苦痛の減少こそが幸福である」と当たり前のようなことを言っておる。日本で、世界三大幸福論と呼ばれることのあるアランは「幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ」 という、これまた逆説的なことを言っている。残念ながらいずれも哲学的で、我々が求めているような実感のある言葉になっていない。

        しかし、最近は「幸福」ということが学術研究の対象となりはじめている。アメリカの経済学会では、1991~1995年に幸福を主題に掲げた論文は4本だったのが、2001~2005年には100本以上になっており、急速な発展をみせている。

        この最近の幸福論を調べていくと、2つの幸福論があることに気づくが、それは、この2つだ。
        (1)結果としての幸福(happiness/be good)を考える幸福論
        (2)幸福なあり方(well-being/get better)を考える幸福論


        (2)は少し分かりにくいかもしれんなぁ・・・。
        そうそう、ハピノが「日々の一つひとつの出来事から幸福を感じながら生きる状態のこと」と言っておった。ハピノは、相変わらずうまいのう。

        どうじゃ、洒落さん。少しは理解が進んだかな?

          洒落

          はい、明確になったとは言えませんが、どんな視点で考えるとよいのか・・・、そんなことが少しわかった気がします。
          ところで、ベイタ博士。最近よくGNH(国民総幸福量)の話がでますが、ブータンのような取り組みは、日本でもできるのでしょうか?

            ハピノ研究員

            これは私からお話したいと思います。
            私の意見を申しあげると、ブータンのような国家レベルでの取り組みは、まだまだ遠い道のりだと思っています。その理由として挙げられるのは、国の規模や文明・文化などの諸環境が違いすぎるということです。しかし、参考にしたり、お手本にすることは十分に可能なのだろうと考えています。

            先日内閣府が「日・ブータン協働研究・合同ワークショップ:“幸福度を活かした政策決定と地域創造“」を開催いたしましたが、多くの自治体や地域がブータンのGNHを政策に活かした取り組みを参考にしていました。
            その中でも、鹿児島県の鹿屋市柳谷(通称“やねだん”)は、集落住民300名で豊かな生き方を目指した「むらづくり」を推進し、大きな成果をあげているそうです。
            やねだんでは、住民の意思を中核とし、地域の特性と資源を発見・活用し、さらには外部の専門家に協力を仰ぐなどの方法をとりながら、豊かさを目指 した活動に成果をあげているそうです。このような集落としての発展を遂げる力を、明治大学の小田切教授は「ネオ内発的発展論」と呼んでいます。また、組織開発分野では「自己組織化」という概念が、大体同じことを指しています。

            私、ハピノの提案は、この地域というのを『企業組織、あるいは職場』に置換えてみるということです。会社の組織・職場というのは、私たちにとって地域と同様、重要な生活の場であり、コミュニティを形成しています。簡単に結論づけることはできませんが、ブータンの幸福度(GNH)の考え方は「幸福な職場つく り」にも応用できるように考えています。

              さて、第1回はここまでにしましょう。
              次回は、「日本人は幸福度が本当に低いのか」~幸福と経済の関係~について触れたいと考えています。



              ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
               「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

              ページ先頭へ

              • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
              • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
              • デジタルカタログはこちらから
              • 官公庁・自治体職員向け研修案内
              • 総合研究所 経営管理研究所
              • グローバルマネジメント研究所
              • サンノーWebサポート
              • SuperGrace Web成績管理システム
              • マナビバサンノー
              • sannoメール登録