総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【参考情報】人材育成に関するコラム

本学ホームページの中から、人材育成、およびそれにまつわる様々な活動を考えるにあたりご参照いただきたいコラムを特にセレクトしました。ぜひご一読ください。


これからの人材マネジメントへの提言

組織業績向上の鍵は、「個人力」と「チーム力」をどう確保するか、いかに伸ばせるかにあります。

ひところ、成果主義的人事制度の導入は、我が国の組織をダメにし、業績確保をも脅かすなどと感覚的に語られることがありました。しかしながら、九州大学大学院人間環境学研究院教授(九州大学ビジネススクール教授併任)の古川久敬氏と本学による調査分析を通じて、人事制度の内容特性 によるよりも、適切な制度運用によって「個人力」と「チーム力」の双方を伸ばせるかどうかが組織業績向上の鍵を握っていることが明らかになっています。

こうした事実を踏まえて、2011年に本学ホームページで連載された、九州大学大学院人間環境学研究院教授(九州大学ビジネススクール教授併任)の古川久敬氏による『これからの人材マネジメントへの提言』をぜひご一読ください。


    ビジネス思索塾

    ビジネス展開の中核を担う人材には、業務遂行に向けた専門性を磨くだけでなく、ビジネスとの関わりを根底で支えるとともに意思決定にあたっての判断基準ともなる自分自身の“ものの見方と考え方”を研ぎ澄ますことも求められてきます。
    混迷の時代だからこそ、自らで考え、自らで行動し、自らで内省する「自立した個人」に向けた「自己スタンス」を固めていく試みが大切です。
    そうしたビジネスの思索を深めていくヒントとして、2012年に本学ホームページ上で連載された総合研究所教授の曾小川 久英による『ビジネス思索塾』をご紹介します。


      人が育つ職場とは?

      「OJTが機能していない」「若手がなかなか育たない」「育成のための風土がない」という問題状況を抱える企業・組織は少なくないことと思います。もどかしく、組織にとって実に悩ましい問題です。

      こうした問題に具体的な解決策を提示するとともに、実践活動の支援を継続的に行なうべく本学にて2009年より発足したプロジェクトより、職場における人材育成を機能させるにはどうしたらよいのか、取り組む方向性、具体的な方法論はどのようなものなのかについての連載をお届けします。


        通信研修を活用した階層別教育構築セミナー

        通信研修は、組織の人材育成システムの一環として運用されるものであるがゆえに、システムとしてうまく機能するよう自社内で意味づけ・再整理して他の教育手段と連携させることにより、より高い効果を挙げることが可能です。

        本Web誌上セミナーでは、新入社員~管理職に至る一連の育成プロセスを、特に階層別教育という観点に焦点を当てながら、人材育成課題、階層別の育成項目と育成プラン、通信研修を活用した具体的な育成方法・育成内容という観点でご紹介します。


          人材開発活動に必要なアンケート調査の考え方・すすめ方

          組織における人材開発(HRD:Human Resources Development)活動を考えてみましょう。
          たとえば今年度実施した研修で改善するとしたら何を変えるのか、やめてしまうか、やめるとすれば代わりに何をやるのか、そもそも社員のニーズはどこにあるか、など多くの検討事項が挙がってくると思います。

          これらの検討を進めたり、判断するために、社員の意識や職場風土をアンケート調査で把握することはよくあることです。しかしながら、このような調査を、その目的に合わせて十分に活用できていないというお話を人事ご担当者から聞くことがよくあります。

          本Web誌上セミナーでは、活用できる調査を実施するためのポイントを3回に分けて解説しています。


            間違いだらけの内定者フォロー

            雇用問題に造詣の深い渋谷和宏氏(日経ビジネス 局長、インタビュー当時は日経ビジネスアソシエ局長)による内定者フォローにフォーカスしたコラムと、内定者座談会による直の声を反映したコラムです。
            採用環境に関わらず、内定者を理解するポイントなど必読の内容満載です。

              グローバルな展開を見据えて

              近年、日本という国の枠を超えて、事業をグローバルに展開する企業・組織が増えてきています。そうした実態を浮き彫りにすべく、2011年2月~3月に実施した「グローバル人材の育成と活用に関する実態調査」と、2012年に本学ホームーページにて連載された「グローバル時代だからこそ見つめ直す「和の作法」と「伝統文化」」の2つをご紹介します。

              グローバル人材の育成と活用に関する実態調査(最終報告書)

              グローバル時代だからこそ見つめ直す「和の作法」と「伝統文化」【連載】


              ページ先頭へ

              • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
              • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
              • デジタルカタログはこちらから
              • 官公庁・自治体職員向け研修案内
              • 総合研究所 経営管理研究所
              • グローバルマネジメント研究所
              • サンノーWebサポート
              • SuperGrace Web成績管理システム
              • マナビバサンノー
              • sannoメール登録

              他のコンテンツを見る

              SANNOが大切にしている活動スタンス
              理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
              人材育成・研修 用語集
              人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。