総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【通信研修】「『日経マネー』でわかる!金融商品入門」コース

開発担当者が語る!「『日経マネー』でわかる!金融商品入門」コース

先行き不透明な社会経済状況が続く中、今までは銀行にお金を預けていれば資産を守れたのですが、今後はそうはいきません。保険会社や証券会社も同じです。

また少子高齢化が進むにつれ、将来の年金財源の確保も難しくなっています。安心して将来の生活設計を立てていくうえでも、これからは自分の資産を自分で守り、自分で運用していく時代なのです。

今回は、このような時代のニーズに対応するために開発された『日経マネー』でわかる!金融商品入門コースをご紹介します。

『日経マネー』表紙

日経ビジネス、日経新聞など、日経グループの情報力をベースに、金融・投資情報など金融商品やおカネにまつわる幅広い情報を提供する『日経マネー』。

同誌で最新情報を得ながら、テキストや別冊で資産運用の基礎知識や金融商品のノウハウを身に付ける、雑誌コラボレーションタイプのユニークな通信研修です。

気軽に読めて好奇心を満たし、しかも時事性も備えた雑誌の定期購読で学習の習慣を身につけることができます。

    『日経マネー』読者の内訳を見てみると、第一線で活躍するビジネスパーソンが多い

    『日経マネー』の読者は、35~54歳の男性が約半数を占め、読者の過半数が会社員などのビジネスパーソンです。職位の内訳は課長クラス以上が23%、係長・主任クラスが16%と、ビジネスの第一線で活躍する方を中心に読まれているようです。

    『日経マネー』読者層

    学びの仕掛けにこだわりました

    『日経マネー』でわかる!金融商品入門コースでは、テキスト(1)「資産運用の基礎知識」で金融商品を上手に活用する前提となる資産運用の基本知識を学び、テキスト(2)「金融商品なんでも百科」で金融商品の選び方のポイント、それぞれの基本的特徴、リスク、税金、関連する法律などを学びます。

    添削リポートで知識を確実なものに高め、毎月届く『日経マネー』で具体的な金融商品の活用方法や最新のマネー関連情報を補強します。

    また確定拠出年金制度の利用者向けに、別冊「確定拠出年金サポートガイド」もつけました。

    『日経マネー』でわかる!金融商品入門テキスト

    ◆『日経マネー』本誌
    金融経済情報から、具体的な金融商品の活用法、運用術、その他お金に関する最新情報を幅広く提供します。

    テキスト(1)「資産運用の基礎知識」
    個別の商品パンフレット等ではわかりにくい各金融商品の選び方、リスクと対処方法を学び、効果的な活用ノウハウを身につけます。

    テキスト(2)「金融商品なんでも百科」
    預貯金、信託、公社債、株式、投資信託、保険・共済、財形貯蓄、その他金融商品、ローンまでをカバーしています。

    別冊:確定拠出年金ハンドブック
    日本の年金制度の概要と確定拠出年金制度の仕組みを理解し、確定拠出年金の活用のしかたを習得します。

    『日経マネー』でわかる!金融商品入門 学習の進め方

    資産運用で大事なことは

    資産運用で大切なポイントの1つは、運用資産と生活資産を分けて考えることです。
    人生の中では、さまざまな場面でお金が必要になります。

    たとえば、結婚資金、子供の就学資金、マイホームの購入資金、毎年の趣味に関わる資金など、その時々の「ライフプランで必要な資金」、不慮の事故、病気やケガで入院や治療、また仕事ができなくなったときなどの「万が一のリスクに備える資金」、そして資産から上記の2つを差し引いたものが「将来のための運用資金」と考えます。

    ぜひこの機会にビジネスに、そして将来や老後の不安を少しでも解消するためにも、金融商品と資産運用の基本をご理解いただければと思います。

    下記のコースタイトルをクリックしますと詳細がご覧になれます

    『日経マネー』でわかる!金融商品入門

    ライフプラン

    コースコード

    B1B0

    資産運用・金融商品の基礎知識と確定拠出年金についてやさしく学ぶ

    商品写真

    受講料

    15,120

    受講期間

    2か月

    在籍期間

    4か月

    • コンピュータ採点型
    • 再受講不可

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録