総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】リゾートトラスト株式会社 学ぶ風土を醸成する通信教育の効果的活用法

上司が部下の学びを支援する風土を醸成したい企業にとって、「何をすればよいのか」が課題なのではないでしょうか。

そして、リゾートトラスト株式会社 人事部主事の伊勢一隆様より、通信教育を昇格要件および福利厚生の一環とすることを通じて、学ぶ風土をどのように醸成されているかについてお話を伺いました。

    リゾートトラスト株式会社 人事部人事課 伊勢 一隆 様

    リゾートトラスト株式会社 人事部人事課 伊勢 一隆 様

    本編は2011年11月22日の学校法人産業能率大学主催「昇進・昇格制度と連動した通信研修の活用」フォーラムにてご講演いただいた内容を編集したものです。

    リゾートトラスト株式会社 会社概要

    会員制リゾートクラブの経営をコアビジネスとした事業展開

    当社の社名は、直訳すると“余暇信託”です。
    余暇をお客様の財産と位置付けて、大切に守って運用していくという思いがこの社名に込められています。

    創業は1973年、正社員数は3,506名、事業内容としては会員権事業、会員制リゾートホテル事業、メディカル事業、ゴルフ事業、ホテル・レストラン事業を展開しており、その業務内容は多岐にわたっています。

    リゾートトラストにおける通信教育の位置付け

    当社における通信教育の位置付けを「自己啓発」と「人事制度との連動」のどちらかでいうなら自己啓発のほうですが、正確には人事制度と連動する側面を持つ自己啓発といえます。

    昇格試験として実施するアセスメント研修へのエントリー条件として、社が指定する講座を1つ以上履修することを義務付けています。ただし、“担当業務と直接関係する講座でなくても可”というルールも設けています。当社の業務内容が多様で、さまざまな職種の社員がいるためです。

    一つでも該当講座を修了していれば昇格試験へのエントリー条件を満たすことになりますが、私は「誰でも一度は通信教育に触れる仕組み」程度でよいと考えています。

    特に昇格を目指すタイミングで通信教育を必ず経験してもらっているのは、自分が上司になったとき、通信教育をツールにして部下と関わってもらうためにも、まず体験してもらうことが重要と考えているからです。

    講座数を多く用意することで“やらされ感”を排除

    当社では140の通信講座を用意しています。
    企業様によっては「140講座は多いのでは」と思われるかもしれません。事実、私も上司にそのように言われます。ですが、講座を絞って「これがいいからこれをやりなさい!」というのでは、どうしても社員の間に“やらされ感”が出ると思うのです。
    また、自分で選ぶというところに楽しみを感じたり自己決定感を見いだす方もいるでしょうから、カテゴリーの中でも幅を持たせて設けています。

    例えばマネジメントのコースは、10講座程度用意しています。すべての講座が満遍なく受講されているとも限りませんが、9割強の講座では必ず一人以上は受講者がいる状況です。

    福利厚生を能力開発に活用する仕組みづくり

    当社では「ポイントくん」と称したカフェテリア方式の福利厚生を導入しており、社員一人あたり4万8,000ポイントを付与しています。
    当初は、衣食補助の手厚いホテル勤務と、そういった補助のない本社勤務との福利厚生の差をカバーするものでしたが、今は会社が用意するメニューも増え、人間ドック費用からインフルエンザ注射代への充当、自社株購入も可能です。そのポイントで通信教育も受けられるシステムとなっています。

    具体的には、修了者に対して通信講座費の50%を会社が補助していますが、2万円の講座を受講した場合、修了時に会社から1万円が返却され、残りの1万円をポイントで支払えば、実質的には全額無料での受講が可能です。

    リゾートトラストにおける講座受講実績

    2011年6月開講講座の申込者は579名でした。これは全社員3,506名の約17%にあたります。
    修了率はおおむね50%です。
    通信講座制度を導入して約8年経ち、今後は受講率をいかに高めていくかが課題となっています。
    その取り組みの一つとして、通信講座案内用ガイドブックの内容充実を図っています。

    通信教育講座ガイドブックの構成

    “何かやってみたい”と思わせるあいさつ文

    通信教育講座案内のガイドブックは多くの企業様で作られていると思います。その巻頭にはトップメッセージが掲載されているケースも多いでしょう。
    当社でもメッセージを掲載していますが、実は人事部(私)が書いています。執筆にあたり留意しているのが、ガイドブックを手に取った社員に“何かやってみたいな”と思わせること。

    例えば、「セレンディピティのすすめ」をガイドブックのテーマとしたときは、ボクシングのビジュアルを用いながら、「“ラッキーパンチ”という言葉があるが、それはラッキーだけでなく、日頃の鍛錬の成果であるパンチ力があってこそであり、ラッキーパンチを起こすためにも日頃の鍛錬、すなわち通信教育の受講をがんばりましょう」というメッセージを送りました。

    上司向けメッセージの掲載

    通信教育の受講は、ある意味孤独なプロセスです。
    ですからせめて上司の方々には、自分の部下がどんな講座に取り組んでいて、どんな自己啓発をしようとしているのかを知っていてほしいという願いを込めて、上司への意識付けのためのページを設けています。

    講座申込者の中には、申し込んだだけで一度もテキストを開けず終わってしまう方や、途中でやめてしまう方もいます。そういう方々には、上司の励ましの言葉がモチベーションキープの良いきっかけになるのではないかと考えています。

    受講者インタビューの掲載

    毎年、実際に通信講座を修了した6名に、コースの紹介やどんな感じで進めたかなどを700字程度にまとめてもらった受講体験談を掲載しています。

    依頼すると、初めは「えーっ!?」といった反応なのですが、最終的には「この企画に参加させてもらえてよかった」と言ってもらえることがほとんどです。本人たちのモチベーションにもつながっているようで、なかなか良い企画のように感じています。

    通信教育コース体系図の掲載

    先にも述べましたが、当社では昇格試験にエントリーする条件として、指定した講座群から1つ以上の講座の受講を義務付けています。
    J(ジュニア)職、S(シニア)職、M(マネジャー)職のいずれの方々にも、自分の職能資格と照らし合わせた場合、どの講座がおすすめかひと目でわかる体系図を掲載しています。初めは職種別に作ってみたのですが、意外と全職種共通のものがほとんどを占めました。

    なお、140講座は年2回の募集・開講のタイミングで、その都度選定しています。

    資格試験情報の掲載

    当社が用意する140講座の中には、さまざまな資格試験対策のための講座も数多くあります。
    そうした講座を修了した方々向けに、関連する試験情報を掲載しています。


    仕組みの確立と受講率アップのための取り組み

    通信教育の最初の導入時に最も苦労したのは、やはり仕組みづくりでした。
    パンフレットの工夫に加え、当社ではまず費用のやりとりを簡略化しました。

    例えば、12月開講ならば12月の給与から一斉に引き落とし、修了した段階で半額戻す仕組みにしました。
    そのほか、次のようなことに取り組んでまいりました。

    申し込み手続きの簡略化

    私が通信教育を担当する以前、申し込みの際に本人の印鑑のほか、上長、さらには所属長の押印も必要でした。
    しかしながら、ホテルなど無休営業している部門だと休みがバラバラなうえ、責任者ほど出張が多いため、ハンコを集めるのに1週間かかるケースも珍しくありません。そうしている間に気持ちが萎えることのないよう、上長の押印を廃止しました。
    一方で、ガイドブック内にある上長向けのページが形骸化しないよう、申し込み後に“あなたの部下はこのコースを受けています”という社内メールを配信することとしました。

    管理職向けの手引書を配布

    さらに、産業能率大学からご提供いただいた『メンバーと共に』という冊子を管理職に就くすべての社員に配りました。この冊子は、部下が通信教育に取り組むにあたっての上司としての支え方などを記した手引書になっています。
    現状では講座申込者数が急増といった直接的な効果は表れていませんが、「うちの部下の○○のコースの受講進捗はどうですか?」といった上司からの問い合わせは確実に増えました。部下の学習状況を見ていく風土が醸成されつつあると感じています。

    講座開講月の変更

    それまで5月と11月だった講座開講月を6月と12月に変更しました。
    5月と11月に講座がスタートする場合、応募は1ヵ月前の4月と10月になるのですが、その時期は新入社員研修の時期と重なります。何かとせわしない年度初めより、新入社員がそれぞれの配属先で落ち着いたところで既存社員と一緒に申し込みを検討できるほうが良いと思い、変更しました。

    また開講月の変更を実施した年には「春の新入社員祭り」として、新入社員向けの講座を用意し、“費用は修了を条件に100%会社が負担します”と告知したところ、それまで2~3名だった新入社員の申し込みが一気に30名近くまで増えました。

    社会情勢を踏まえたトレンド講座の選定

    講座の内容は毎回見直しをします。
    その時々の社会情勢を見ながら、ニーズに合いそうなものを入れるようにしています。

    なお、最近感じているのが中国語への関心の高さです。これまでも、レストラン事業を展開していることからフランス語やイタリア語の講座を入れていましたが、人が集まるのは英語ばかりでした。そんな中で試しに入れた中国語講座が思わぬ反響を呼びました。おそらくは中国からのお客様が増えているためだと思います。

    今後の課題

    受講者の内訳を見ると、リピートする方の割合が非常に高いです。
    何回も受講を重ねる方と、まったくやらない方とに二極化している状態にあります。今後は、後者にどう興味を持ってもらい、学ぶ風土を醸成していくかが課題かと考えています。

    ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。

    人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

    様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

    まずは資料をご請求ください

    詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー