総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

その1

ここでは、ツールとして現存する TRIZ が私たちにとってどういうものかという視点から「 TRIZ とは何か」を考えてみます。

なお、現在 TRIZ を非技術分野に活用する試みが盛んに行われていますが、煩瑣になることを避けるため、ここでは技術分野での TRIZ について考えることにします。ただし、ここで議論されることのほとんどは非技術分野についても適用できるはずです。

一言で言って TRIZ とは

定義(案)
現在までの技術者の経験と技術と製品の歴史から、多くの分野に共通する考え方と法則性を抽出して、具体的な問題を解決し課題を達成する独創的かつ実際的なアイデアを得るために応用する方法。


TRIZ は発展途上にあります。 TRIZ 自体を進化させるための研究と、 TRIZ をもっと上手に活用するための努力とが続けられています。その意味で、 TRIZ を1つの定義で決め付けることには無理があるのですが、 TRIZ を理解していただくためには一言で説明することも必要です。そこで、上のように言えば、現在使われているの TRIZ の 90 % 位はカバーできます。この定義では、TRIZ の TRIZ らしさが表現できていないと考える人がいると思いますが、上に書かれたことがTRIZの幹で、これ以外は例え太い枝ではあっても、やはり枝葉と考えるべきでしょう。もちろん、TRIZ を実際に使うために大切なのはその枝葉の方ですから、その枝葉について、以下に取り上げていきます。

まず、幹の部分について、少し補足説明をしておきます。
具体的な問題を解決し課題を達成する独創的かつ実際的なアイデアを得ることは多くの企業と組織とにとって不可欠だと思います。独創的でなければ組織の存在意義が無いし、実際的でなければ競争に勝てないからです。

現在までの技術者の経験

TRIZ がユニークなのは膨大な量の特許情報の分析から得た知識が方法の基礎となっていることです。数学が数や図形を、物理学が物の動きや力を、生物が生き物を対象として研究してきたように、 TRIZ の先達は人間活動のアウトプットの1つである技術を研究してそこに「法則性」を発見して TRIZ の財産としてきたのです。

技術と製品の歴史

TRIZ 研究者は特許情報以外に、「技術と製品の進化」に焦点を当てて歴史の研究を行ってきました。その成果は TRIZ の2つ目の財産です。

多くの分野に共通する

TRIZ は機械分野では使えるが、化学分野では役に立たないという人がいます。確かに、 TRIZ ソフトウエアを見ると説明に使われている例は機械系が多いように感じます。しかし、ベテランの TRIZ コンサルタントがアメリカでやっている仕事の相手には多数の化学品会社が含まれています。 TRIZ 自体の特性というより、化学分野の業務の特性を理解する能力を持ったコンサルタントの数がまだ少ないのではないでしょうか。

考え方と法則性を抽出して

TRIZ で言う法則は物理学の法則に比べると厳密さが少ないと思いますが、それでも、極めて高い再現性を持った傾向です。この観点から上の定義(案)を補足すると次のように言えます。

● 個人の経験と直感とを頼りに行っている試行錯誤に方法的な裏づけを与え、試行の数を大幅に削減しようとする試み。
● 試行錯誤の繰り返しによって、いつか出現する「技術的突然変異」を待つ仕事のやりかたを変え、先人の知恵を活用して目的達成に最善をつくす方法。

さて、 TRIZ を使うとどんな問題を解決するアイデアを得ることが出来るのでしょうか?詳細については、この講座の終わりの方で触れるつもりですが、 TRIZ の定義を補足する意味で結論だけここで挙げておきます。
現在 TRIZ が実際に使われている用途として次の 4 つを挙げることができます。

1.  技術や製品の進化の妨げとなっているボトルネック問題の解決
2.  製品や工程に発生した不具合の発生メカニズムの解明
3.  製品や新技術に潜在するリスクの予測
4.  商品の企画、技術開発の戦略の立案

次回は、TRIZ はどんなものから成り立っているのか、どんな風に使うものなのかについて、考えたいと思います。                                                                         

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録