総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

人材育成における各部門の役割・ミッション

「CSL(Corporate Self-Learning):組織の発展に向けた明確な目的と計画のもと、メンバーの成長を図る、人材育成施策から実施にいたる活動」は、「経営層/経営企画部門」「人事部門/人材育成部門」「ライン部門マネジャー」「現場のメンバー/チーム」のそれぞれが役割を果たし、相互に効果的に働きかけることにより実現されます。

それぞれの『役割・ミッション』と『人材育成・能力開発のために実行できること(施策)』、それに対応する『通信研修の具体的な活用例』は、次のとおりです。

経営層/経営企画部門

【人材育成・能力開発のために実行できること】
・経営理念・戦略の明示
・期待される人材像の明示
・次世代リーダーの発掘・育成
・グローバルに通用する人材の確保・育成
【通信研修の活用例】
・次世代リーダー選抜育成(ブレンディング型通信研修・集合研修と連動)
・特定課題連動型(コンプライアンス、グローバル対応、ダイバシティなど)

人事部門/人材育成部門

【人材育成・能力開発のために実行できること】
・人事制度・教育体系との連動
・能力要件・コンピテンシーとの関連付け
・コースラインナップの設計
・学習意欲向上のためのプロモーション施策
【通信研修の活用例】
・昇進・昇格連動型
・職能資格要件連動型
・コンピテンシー連動型
・ポイント制連動型
・自己啓発支援制度の整備・運営

ライン部門マネジャー

【人材育成・能力開発のために実行できること】
・期待される人材像の部門での浸透
・能力開発項目の指導
・学習が定着する経験の場の提供
・学習継続のフォロー
通信研修の活用例】
・職務連動(部門特定)コースの受講の促進
・コーチ、メンター、OJTリーダーの育成
・ポイント付与・カフェテリアプラン型
・目標による管理制度連動型

現場のメンバー/チーム

【人材育成・能力開発のために実行できること】
・主体的な学習への取り細み
・キャリアビジョンの確立
・上司との意識の共有
【通信研修の活用例】
・自己啓発学習(自己啓発支援制度の活用)
・自己啓発学習のチームでの活用(グループ学習など)
・自主的なエントリーによる受講
(目標による管理や昇進・昇格ポイントコースの受講など)

ページ先頭へ