総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

未来型ビジネスイノベーション~社会動向から世の中を見る

SANNOエグゼクティブマガジン

プラスαが鍵となる

明治維新のころ、日本の人口は3,000万人、アメリカは3,200万人でした。
太平洋を挟んで隣国のアメリカは、天然資源が何もない小さな島に、読み書き算盤のできる勤勉な人々がたくさん住んでいることに驚き、脅威を感じました。そして日本人は、先進国のプロダクトを模倣して、改善することにきわめて優れていました。すなわち、プロセスイノベーションに長けていたわけです。今も昔も日本の最大の資源は、きわめて勤勉で真面目な人々が沢山いるということだけです。

それから百年経った今も、日本企業のイノベーションのレベルは、第2世代(プロセスイノベーション)にとどまっており、次世代のイノベーションには乗り遅れているように思われます。

歴史的に、イノベーションには、5つのレベルがあります。
  第1世代 “商品”のイノベーション
  第2世代 “プロセス”のイノベーション (日本人の気質に合った、模倣と改善)
  第3世代 “ビジネスモデル”のイノベーション
  第4世代 “ビジネスモデル+商品”のイノベーション
  第5世代 “ビジネスモデル+商品+α”のイノベーション(未来型)

昨今話題のiPhoneやiPadなどは、第4世代の“ビジネスモデル+商品”のイノベーションと言えます。
しかし、これを模倣しても日本は周回遅れです。日本は第3世代、第4世代のイノベーションで勝負するのではなく、民・官をあげて、第5世代のイノベーションに取り組む必要があると思います。

すなわち、日本は第2世代のイノベーションから、「ビジネスモデル+商品+α」の第5世代のイノベーションに一気に飛躍し、市場を創造し、競争優位を実現するのです。
それでは、その担い手は誰でしょうか。日本企業の担い手はミドル層ですが、イノベーションの場合、ミドル層で考えるよりも、執行役員が考え、社長が果敢に意思決定することが必要だと考えています。イノベーションのスピードを上げなくてはなりません。
ちなみに、“プラスα”は、“プラスZ”と表現してもよいかもしれません。日本海海戦のZ旗ではありませんが、「後がない」という強い意志をもって取り組みたいものです。今こそ、歴史から想像し、創造することが大切だと思っています。


お問い合わせはこちらから

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。