総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

日本語が通じない・・・ ~最近の傾向・ご支援から見えること

SANNOエグゼクティブマガジン

浸透しているのに、浸透していないという実感

「日本語ではグローバル市場では戦うことはできない」……そんなお話をしたいわけではありません。国内の会社や職場で「通じていない日本語」、ありませんか? はじめに結論めいたことを書いてしまえば、「日本語が通じていなければ組織は動かない」。いかがでしょう? みなさん、そう思われませんか?

もう10年以上ということになってしまいますが、21世紀を迎えるにあたって、新たにビジョンを設定したり、経営理念を「●●Way」として刷新したりした企業は、組織の大小を問わず、少なくないように思います。それをきっかけに、始業時に唱和するようになった企業も多くお見かけします。

ある程度の時間をかけてきたにもかかわらず、経営層の方々から「浸透していない」というお悩みを聞くことがよくあります。そうした企業で共通しているのは、理念やビジョンという、ある意味“高いレベル”の問題以前のこと。日々の現場レベルにおいて、「日本語が通じていない」「日本語が分かっていない」ケースが散見されるということです。

「日本語が分かっていない」と言ったときに、私が思うのが、「戦略」「マーケティング」「顧客満足」など。多くの企業、またマスコミなどでも日常的に使われている言葉ですね。では、「戦略とは?」「マーケティングとは?」と尋ねられて、即座に回答できるかたはどれぐらいいらっしゃるでしょうか?

そうした質問をすると、「ウチの会社の戦略は…」とお答えいただく場合がありますが、訊いたのは「戦略とは」、いわば言葉の定義です。コンサルタントという仕事をしていると、お客様である企業の中期経営計画書や“戦略”と名のついた資料類を拝見する機会が多くあります。そうした資料を読んでいる最中に、戦略の他、戦略課題・戦略目標(確かに「目標値」ではなかったりする)、方針や方向性、指針など、どれがどう違うのか、本文を読んでもよくわからないものがたくさんでてきます。「これは戦術だろうな…」と思える本文に、戦略というタイトルがついていることも。
こうした企業内でもし、「戦略を考えろ」といわれたら、「みなさん、どう対応しているのかな…」と思ってしまうのです。

「ウチの会議では質問が少ないんだよね…」。あるいは「議論がなかなかかみ合わない」。これらは当たり前なのかもしれません。「日本語が通じていない」のですから。

日本語、言葉の意味は、社員が共通の理解をしていることが不可欠


お問い合わせはこちらから

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。