総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【通信研修】「~日経TEST対応~経済知力を磨く」コース

「~日経TEST対応~経済知力を磨くコース」では、各種教材や学習メディアを組み合わせることにより、今、日本のビジネスパーソンに不可欠なビジネスリテラシーとも言える「経済知力」の向上をめざします。(※「日経TEST」および「経済知力」は日本経済新聞社の登録商標です。)

コース企画担当者として留意した点・工夫した点

企画の際に着目したのは、「経済知力を高める具体的な方法はあるのか」という点です。市販されている『日経TEST公式ワークブック』(日経BP社刊)、『日経TEST公式練習問題集』(日本経済新聞出版社刊)は、経済知力の向上や日経TEST対策のための教材構成として欠かせない強力なツールです。
さらに、経済知力の向上のためにもう一つ何か工夫がほしいと考えました。

その工夫とは「経済知力を高めるための具体的な方法論」を提示することです。
経済知力の構造や実際の試験問題を検討すると、経済知力の強化を目指すには、限られた期間の勉強や暗記とかでは全然歯が立たないのです。毎日の仕事や日常生活の中で習慣的に学習に取り組む必要がある。その取り組み方、勉強のしかたは具体的にどのようにすればよいかという事を示すことを心がけました。

その方法論は大雑把なものではなく、できるだけ具体的で、かつ、誰もが取り組めるものがいい。一見遠回りに聞こえるかもしれませんが、どんな視点で勉強を続けたらよいかを知ることが経済知力向上への第一歩ですし、結局は日経TEST対策には一番の近道なのです。

『経済知力を高める20の視点』と教材について

『経済知力を高める20の視点』は、「経済知力」を高めるためにはどのような視点が必要なのかを解説した指南書です。テキスト構成は日経TESTの経済知力に準拠していますが、日経TEST受験者だけでなく経済・経営に関心をもつ方の参考になるような内容も盛り込んでいます。

それ以外の教材として、日本経済新聞社が主催する「日経TEST研修ドリルWeb版」を教材構成の中に取り入れました。また【日経TEST受験券つきコース】を選択すれば、付属教材の「日経TEST受験券」を利用して、日経TEST全国一斉試験の受験申し込みもできます。

各々の教材の関連性は

本コースは、テキスト、リポート問題、ワークブック、練習問題集、最新問題演習(Webドリル)、日経TEST全国一斉試験などを有効に連動させて活用し、経済知力の向上をめざすというコンセプトで設計しています。テキストで経済知力の意味や経済知力を高めるための具体的な方法を示し、その後、トレーニングや演習問題ツールへと学習を具体化させていく構造になっています。

下記のコースタイトルをクリックしますと詳細がご覧になれます。

(日経TEST受験券つき)~日経TEST対応~経済知力を磨く

ビジネストレンド

コースコード

B3X0

20の視点と実践演習で経済知力に磨きをかける!

商品写真

受講料

19,440

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

(日経TEST受験券なし)~日経TEST対応~経済知力を磨く

ビジネストレンド

コースコード

B3Y0

20の視点と実践演習で経済知力に磨きをかける!

商品写真

受講料

15,120

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。