総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

合併企業における組織変革

課題例

・企業の合併に伴い、人材交流を含めて組織の態勢をうまく作りあげていくことが求められている。
・トップの危機感を共有し、社員が“我が事意識”をもって仕事をするよう、意識を変革したい。
・会社の将来構想に基づき、部門や自身の役割を認識して変革を進めて欲しい。

ソリューションのポイント

ポイント1 組織変革の核(チェンジ・エージェント)である部長層が、全社的位置づけの中で自部門のビジョンおよび戦略を立案し、自分の言葉で説明できるようにした。

ポイント2 自社の現状を定量的(財務会計の観点)、定性的(組織活性度の観点)に捉え、部門間の認識ギャップを埋めることで、全社最適の志向を醸成した。

ポイント3 集合形式の会合では単なる知識のインプットだけではなく、部門ビジョンおよび戦略をアウトプットとして作成し、次年度の部門方針、部の目標設定へとつなげることで実務との連動性を強化した。

ソリューション

合併企業における組織変革:ソリューションの全体像


・部長層を組織変革の核(チェンジ・エージェント)として位置づける

組織活性度調査結果から自部門の状況を多面的に捉え、部門ビジョンおよび戦略を自らの手で描き、組織全体の変革課題を抽出し、経営層に提言する

・合意された変革課題を次年度の具体的な活動に落とし込み、Plan-Do-Seeサイクルを回していくことで、変革活動の実践に結びつける

アウトプット

・従業員の満足度や職場マネジメントの状態、組織風土について測定し、定量化された
 組織活性度調査結果

・部長層が作成した部門ビジョン・部門戦略

・他部門に対する要求交換(他部門からの要求とそれに対する返答)

・組織全体の変革課題提言および自部門の活動提言


関連ページ

組織活性度調査 ChAO(チャオ)

イキイキとした組織の実現に向け、従業員の満足や意欲の状態を測定するための調査ツールです。

チェンジ・エージェントが組織を変える『組織変革実践ガイドブック』

変革プログラムを動かし、現場に変革を浸透・定着させていくための具体的な考え方と方法論をご紹介しています。

共働目標の推進プログラム

過去の延長線上に設定される目標ではなく、混沌とした状況の中で新たな成果を生み出すための目標創造およびその実現を支援します。

コンサルタント・研修講師のご紹介

高度な専門性を持つエキスパート集団が、組織および個人の直面する課題の解決をサポートいたします。

その他の事例はこちら

「組織力の強化」に関連した他の事例もご紹介しています。

↓↓コンサルティングに関するご相談はこちらから。まずは気軽にお問い合わせください。↓↓

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー