総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

TRIZコンサルティング

新しい概念や手法、知識の導入をされる時、理論と手法に関する専門知識を有した実務経験豊かなコンサルタントを活用することは大変有効的で、効率的です。

コンサルティングは、教育的要素も多分にに含みますが、成果の創出を第一目標にする活動です。

TRIZコンサルティングの概要を簡単にご紹介いたします。

コンサルティングの対象領域

導入に向けて-コンサルティング

●未来を先取りした技術開発戦略
・研究開発戦略の構築
・事業ドメインの再定義
・新規事業開発
・新商品開発
・研究テーマの選択と集中
 ……

●ニーズ(顧客・社会・企業)を満たす商品開発と信頼性の確保
・技術課題の革新的解決
・開発設計期間の短縮
・開発コストの削減
・故障の解消と信頼性保証
 ……

    コンサルティングの進め方

    産業能率大学のコンサルティングは、ファシリティト・コンサルティングという、貴社のメンバーと共にプロジェクトを構成して進めて行くプロジェクト指導の方法を採っています。これは、コンサルティングのプロセスを、貴社メンバーと共有化することで、手順・手法のブラックボックスを作らず、コンサルティング終了後も貴社メンバーにおけるプロセスの再現性を高めることを狙いとしているからです。
    コンサルティングは、課題解決を行ない、成果を創出することを目的として実施するため、課題の性質によってTRIZだけではなく他の手法の適用も行なう場合もあります。

    コンサルティング
    経営・人材育成の直面する多様な問題に各分野の専門家がお応えします。

    トータルコンサルティング

    トータルコンサルティングとは、コンテンポラリーTRIZを代表するDE、IPS、AFDの3つの手法を融合した技術ベースの新規事業・新商品開発プロジェクトのコンサルティングを行うものです。
    技術開発の視点を加えて、既存技術の用途開発、関連する新技術の開発をベースとしつつ、技術の発展予測、技術コンセプト設計、エンジニアリング設計、信頼性向上とリンクしたプロジェクト活動を展開していきます。                     
    詳細は、産業能率大学 総合研究所経営管理研究所 研修企画支援センター TRIZ担当(TEL:03-5758-5115)までお問合わせください。

    導入に向けて-コンサル三角

    機密保持について

    企業と産業能率大学との間で機密保持契約書を締結します。

    機密情報の取り扱い、管理、使用目的、賠償等について厳重に規定した機密保持契約書を双方で締結します。産業能率大学が、著作権、工業所有権その他の権利を侵害することは一切ありません。

    プロジェクトメンバーにおいてなされた発明は、企業に帰属します。

    詳細は、産業能率大学 総合研究所経営管理研究所 研修企画支援センター TRIZ担当(TEL:03-5758-5115)までお問合わせください。

      導入に向けて-コンサル機密保持

      ページ先頭へ