総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

TRIZの構成と基本思想

TRIZを構成する3つの要素「プロセス」「テクニック」「ツール」と、その基となる基本思想「問題=矛盾」「進化の法則性」「類比思考」をそれぞれ解説いたします。

基本思想その1:「問題=矛盾」

矛盾

問題をどのように捉えるかは問題解決の結果に大きな影響を与えます。TRIZは『問題とは“矛盾”である』と捉え、問題解決を“矛盾の解消”と考えます。
ある技術特性を向上させたい時、他の技術特性により阻害され困るという“技術的矛盾”が発生することがあります。例えば、軽量化したいのだが強度が劣化してしまうという様な場合です。
また使用時は大きな容積が必要だが、使用後は収納のため小さな容積にしたいという“物理的矛盾”が発生することもあります。
TRIZではこうした技術的や物理的な矛盾を問題と捉え、解決する方法を考えます。TRIZが標榜する“発明的問題解決”とは単に新しい解決策を模索するだけではなく、このような「矛盾を克服すること」を目指しています。

    基本思想その2:「進化の法則性」

    技術の進化を時間系列でマクロ的に俯瞰すると、幾つかのパターンを持っていることがわかります。これをTRIZでは「技術進化のパターン」と呼びます。このパターンを活用してこれから社会・技術・ニーズの将来の方向性の把握が可能であると考えます。

      TRIZの考え方

      基本思想その3:「類比思考」