総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

2010年 4月より開講!『ビジネス対人力シリーズ』

他者と協働するスキルを身につける通信研修シリーズ開講
「ビジネス対人力(たいじんりょく)シリーズ」
他者をうまく巻き込む、成果につなげる、信頼を獲得する!

このシリーズは以下のような悩みを解決する研修プログラムです

  • 世代や立場の異なる人と意見を交わすことが苦手
  • 人に物事を頼むのが苦手で、つい自分でやってしまう
  • 上司に動いてもらいたいときに応じてもらえず、はがゆい
  • 他部門の関係者から積極的な協力を得られない

中堅社員~リーダー層対象 / 特別受講料17,850円

本コースは、他者と協働するコミュニケーションスキル「ビジネス対人力」を強化する研修プログラムとして、2010年4月開講よりご提供を開始するものです。
「ビジネス対人力」というコンセプトは本学が考案したもので、協働する能力について(1)効果的な意思疎通(通じ合う)、(2)積極的な参画と貢献の促進(動かす)、(3)良好な人間関係の構築(広げる)、の3つの要件に整理したものです。この3要件に沿って研修プログラムを3コース開発、「ビジネス対人力シリーズ」として4月から開講いたします。
シリーズの3コースともすべて、受講形態は通信研修、受講期間は2か月(在籍可能期間4か月)、テキスト2冊・添削付きのリポート2回が付いて、特別受講料は17,850円(一般受講料23,100円)です。

<シリーズコンセプト概念図>

ビジネス対人力 シリーズコンセプト概念図

開発意図・シリーズの特徴

顧客ニーズの多様化や市場の成熟を受けて、個人単位の業務遂行にとどまらず、事業部門や階層を越え、ときには会社をも越えてメンバーがすばやく結集して、創造的な価値を生み出す方策を検討することが求められるようになっています。

こうした背景から、従業員に求めるスキルとして「コミュニケーションスキル」が挙げられることが多くあります。組織が求めるコミュニケーションスキルとは何かを考えると、中堅層やリーダー層など業務遂行の中心となる層に対しては“成果を創出するために、組織内外のさまざまな人と協働するスキル”だと考えられます。

ビジネス対人力シリーズが中堅層やリーダー層を対象にしているのは、この層が「ビジネス対人力」を高めることによって、組織として効果的な協働が生まれるようになり、個人の力量の総和を超える成果を生む「組織力の向上」につながると考えたためです。
テキストでは、仕事の場面でありがちなケースを多く取り上げており、実際のコミュニケーションシーンをイメージしながら学習を進めていきます。実践的な協働のノウハウが身につく通信研修コースです。

ビジネス対人力の3つの視点

(1) 効果的な意思疎通を図る=通じ合う

相手の言葉を正確に聞き取ることは協働の大前提。その上で注意深く話を聴き、的確な質問で真意を引き出し相手の期待に応える行動をとることが必要です。

(2) 積極的な参画と貢献を引き出す=動かす

成果創出には、自分だけで処理できる仕事を粛々とこなすだけでなく、同僚をはじめとして上司、部下、あるいは他部門の人を巻き込んで、あるべき姿に向かって革新していくことが求められます。また、同時に、顧客など外部の関係者も望ましい方向に動かす・動いてもらうことが不可欠です。

(3) 良好な人間関係を広げ、深める=広げる

成果を生み出す業務の遂行過程ではさまざまな問題が生じます。困ったときに力になってくれる、ヒントを与えてくれる仕事上の支援者や協力者は多ければ多いほどありがたい存在です。こうした人脈が、仕事をはかどらせることにつながります。

「理論」と「ケース」で実践力を身につける!

ビジネス対人力シリーズは、すべてのコースが2 冊のテキスト(第1 分冊「理論編」、第2 分冊「ケース編」)と2 回のリポート課題で構成されています。すぐに役立つ実践的なテクニックやノウハウを、ムダなく効率的に身につける工夫がなされた学習設計です。

ビジネス対人力シリーズ 全コース共通

  • 受講期間:2 か月 ●在籍期間:4 か月
  • 特別受講料:17,850 円(一般受講料:23,100 円)
  • 教材構成:テキスト2 冊 添削2 回(コンピュータ採点型+ 講師添削型)

(1)『通じ合う』対応コース

対話を通じた信頼関係の構築に役立て、より質の高い仕事を遂行できるようになることを目指し、「聞く」「聴く」「質問する」スキルを習得します。

(2)『動かす』対応コース

組織内部や外部の関係者を巻き込んで仕事を進めていくために、「人はどのようにして動くのか」というメカニズムを踏まえて、さまざまな立場の人を「動かす」、あるいは「動いてもらう」ための技術を学びます。

研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

お気軽にご相談ください お問合せはこちらから