総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

基本姿勢を測定する - タスク・ラッシュ -

時系列インバスケットテスト「タスク・ラッシュ」とは

「タスク・ラッシュ」とは、仕事や人との関わり方の傾向を測定する、「時系列インバスケットテスト」です。
通常のインバスケットテストでは、テストのはじめに紙の資料がまとめて提示されますが、「タスク・ラッシュ」では、さまざまな出来事が次々と時系列に提示されます。

より実際のマネジメント場面に近い状況で判断を求められるテストです。従来のインバスケットテストを静的な情報処理と捉えるなら、この「タスク・ラッシュ」は動的な情報処理といえるでしょう。
次々と問題が発生し、対応を迫られるプレッシャーのかかっている状況においても、

・ 変化に巧みに対応し、事を成し遂げることができるか
・ 他者を尊重し、対等な立場で働きかけることができるか
・ くじけず、自分を貫いてタフにやりきれるか

について、「マネジャー力診断」の「マネジャー・タフネス特性(11ディメンション)」のうちの8つのディメンションで評価します。

マネジャー・タフネス特性で測定するディメンション

マネジャー・タフネス特性で測定するディメンション

※「貫徹」「感謝の心」「鍛錬」は、タスク・ラッシュでは測定しません。

「タスク・ラッシュ」の進め方

90分の間に、被検者はケース職場の課長(もしくは職場リーダー)として、与えられた情報をもとにして自分の課やグループの課題を形成し、解決のためのプランを作成します。

ただし、そのプランを作成している最中にも、顧客からのクレームが持ち込まれたり、課のメンバー間でトラブルが起こったりします。しかも、現実のマネジメント場面と同様に、そうした問題は解決されるべき順序で発生するわけではなく、問題解決に必要な情報も十分に提供されるわけではありません。

このような状況下で、被検者は1つひとつの問題に対応策を提示することが求められます。
限られた時間の中で作成された職場のプランと、1つひとつの問題への対応策が評価されます。

「タスク・ラッシュ」の進め方

※ケースによって、突発問題の内容や所要時間は異なります。

報告書見本

報告書見本

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。