総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「ACE(若手社員のためのキャリア開発研修)」

仕事人生で大切な若手社員時代

「与えられた仕事だけをこなすのではなく、仕事の範囲を積極的に拡げてほしい」
「失敗を恐れずにチャレンジしてほしい」
「自ら主体的に行動を起こし、キャリアを切り拓いていく気概を持ってほしい」

新入社員を卒業して若手社員になると、周囲から上記のような高い期待が寄せられるようになります。
それに対し、若手社員の置かれている状況は、「任される仕事が増えて目先の仕事に追われている」「壁にぶつかり自分の状況を前向きに捉えることができない」「変化が激しく先を見通すことができない」といった中でキャリアプランを立てること自体に意味を感じることができにくくなっています。
一方、キャリアの発達段階においても若手社員時代は『キャリア構築の準備・探索期』にあたり、試行錯誤を繰り返しながら、変化に柔軟に対応できるように自らの活躍の可能性を拡大し、この先の『キャリア確定期』に向けてキャリアの選択肢を数多く準備しておくための活動を開始しなければならない時期です。(下図参照)つまり、若手社員時代は仕事人生の中で、仕事への向き合い方や行動がその後の成長を左右するといっても過言ではない、大切な時期なのです。

キャリア準備・探索期、キャリア形成期、キャリア確定期

私自身振り返ってみても、30代になって初めて、周囲の期待以上に自分が成長ができていないことに気づき、20代の仕事への向き合い方や行動の重要性を痛感し後悔した経験があります。「ACE」を開発しようと思った背景には、後輩に当たる若手社員たちに同じような思いはしてほしくないという気持ちもありました。

「ACE」(エース)の意味するところ

この研修の名称である「ACE」(エース)には、以下の「3つのキーワードの頭文字」と「若手社員のエース(ピカ一の若手社員)」という2つの意味を込めています。

ACE(エース)の名前の由来

「ACE」(エース)では、若手社員が現在の仕事をベースに、仕事と人との関わりの中で、主体的にキャリアを切り拓いていくための考え方と方法を学びます。
では、次に「ACE」の中で、キーとなる考え方や言葉、ツール等をお伝えしていきます。

キーとなるプランド・ハップンスタンス理論の考え方

「ACE」(エース)でのキャリアデザインの考え方は、プランド・ハップンスタンス理論(Planned Happenstance Theory)に基づいています。この理論では、「個人のキャリアは予期せぬ出来事に左右され、偶然の出来事で大半が決まってしまうため、自分にとって好ましい偶然の出来事を自らの行動によって意図的に作り出し、それを自らの活躍の可能性を拡大するためのチャンスとして最大限に活用していくことが重要」だと考えます。
特に変化が激しい現代は、自ら行動を起こしたからといって必ずしもその結果が希望どおりになるとは限りませんが、確実に言えることは“行動を起こさなければ、自分にとって好ましい偶然の出来事が起こる可能性はきわめて低くなる”ということです。
「ACE」研修ではこの考え方を種まきに例え、講師より「種をまいても周囲の状況(天候など)変化はコントロールできないため、必ずしも芽が出るとは限らない。でも、そこから成長の様子を観察し続け、必要に応じて手入れをし新しい種をまく、といった行動を取り続けることで、結果として花が咲くことにつながっていきます。ただし、その花は当初希望していたものではないかもしれません。しかし、それをチャンスと捉え、次につなげていきましょう!」といった説明をしています。

キーワードは「ポジティブ」

「ACE」(エース)では、自らの活躍の可能性を拡大するために好ましい偶然の出来事を意図的に呼び込むために「ポジティブ」がキーワードとなっています。
ここで言う「ポジティブ」とは、前向き、肯定的、積極的であることを指しています。
そしてプランド・ハップンスタンス理論に基づき、壁に直面してもへこたれないポジティブな意識を持って周囲の人に自ら働きかけて支援者を獲得し、その人や仕事との関わりの中でさまざまな経験を通じて、主体的に学習すること (「ポジティブ・ラーニング」)が、自らのキャリア開発や成長につながると考えました。
「ACE」(エース)では、このポジティブ・ラーニングをベースにして、日々の仕事や「自分のこれから」に向かっていく方法を学んでいただきます。

ポジティブな意識でポジティブ・ラーニング

効果的な学習のためにオリジナルツールを活用

「ACE」(エース)では、ポジティブ・ラーニングを実践するために、ポジティブな意識と行動の状態を自己評価し、自分の強み・弱みを理解するとともに改善ポイントを明確にする診断「キャリア・エクスプローラー(Career Explorer)」と、ポジティブ・ラーニングの足場づくりとして、これまでの仕事経験や人的ネットワークを振り返りつつ、今後やってみたい仕事や担いたい役割は何かを考え、それらを見える化する「フラワーマップ」をツールとして活用します。

「キャリア・エクスプローラー」で把握する意識・態度と行動

「キャリア・エクスプローラー」で把握する意識・態度と行動

※診断「キャリア・エクスプローラー(Career Explorer)」の詳細

フラワーマップの構成要素と完成イメージ

「ACE」研修では、これらのツールを媒介として受講者相互がコミュニケーションをとることで、あらためて自分の考えを整理したり、さまざまな刺激や気づきを得ることができます。

明日からとるべき行動が明確になる実践的な研修

オリジナルツールで、自分の現状と今後やってみたい仕事や担いたい役割を描いた上で、最後にその実現に向けて明日からどのような行動ができるかを考えます。そこでは、自分がやるべきことが具体的に、しかも数多く挙がります。これこそが明日からまくべき種です。
このように、アウトプットが研修後すぐに活用できる実践的な研修となっています。

環境変化や企業間競争が激しい中で、若手社員に対する期待はますます大きくなっています。その中で、若手社員はポジティブに状況を捉え、仕事と人を通じて学習し成長していくことが求められています。
今回ご紹介した「ACE」(エース)がそうした若手社員が将来活躍するためのきっかけとして役立つことができれば幸いです。


資料をご請求ください:若手社員のためのキャリア開発研修 ACE(エース)

若手社員のためのキャリア開発研修 ACE(エース)の資料請求はこちらから

研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

お気軽にご相談ください お問合せはこちらから

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。