総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

技術部門のマネジメント革新

「事業貢献」に向けた技術部門のマネジメント革新プログラム

技術部門の問題状況

技術部門は、ともすると研究開発そのものが目的化し、個別最適に陥りがちな傾向があります。技術部門が陥りがちな問題状況を解決する鍵を握るのは現場を預かるミドルマネジメントです。技術部門を強化するためには、ミドルマネジメントの強化が不可欠です。

技術部門の問題状況。求められるミドルマネジメントの強化

産業能率大学ではこの度、技術部門の問題解決の鍵を握るミドルマネジメントに焦点を当て、視点を経営レベルに引き上げ、「事業への貢献」という目的に向けて技術部門のマネジメントを革新するためのプログラムを開発いたしました。
プログラムの主な狙いは下記の2点です。

  • 技術部門のミドルマネジメント機能を強化し、経営に対する貢献度を高める
  • 技術部門のミドルマネジャーを「部分最適(職能マネジャー)」から「全体最適(事業マネジャー)」に転換する

特長

技術部門のミドルマネジメントに求められる以下の4つの機能を強化するために、自部門の現状を題材にマネジメントの改善課題を検討する実践型のプログラムです。

  • 自社の事業の仕組みやその特徴を理解し、事業に貢献するための自部門のあり方を再定義する
  • 研究開発テーマの構成や決定プロセスをマネジメントする
  • 組織の境界にとらわれずに、事業化に向けたプロセスを推進する
  • 自社の研究開発の競争力の源泉を見極め、組織能力を鍛える

技術部門のミドルマネジメントに求められる4つの機能

対象

技術部門のミドルマネジャー(部課長クラス)

構成

基本構成は1泊2日×4モジュールです。ただし各社の状況に応じた個別実施やカスタマイズも可能です。

技術部門対象プログラム、営業部門対象プログラムの2つのプログラムをラインナップしています。共通モジュール部分については合同開催も可能です。

マネジメント革新プログラムのモジュール概要

本書では、戦略そのものではなく、戦略を実現するための活動に焦点を当て、研究開発部門のミドルマネジメントが経営と現場をつなぐ機能を果たすための基本的な考え方や方法論について解説します。

◆研究開発部門のミドルマネジメントに求められる機能
 <1> 経営の意図をいかに読み解くか。
 <2> 研究開発テーマをいかに設定するか。
 <3> 研究開発の成果をいかに事業化につなげるか。
 <4> 個と組織の能力をいかに高めるか。

    研究開発マネジメントの”強化書”

    ↑詳細はこちらをクリック

    研修のご相談、ご不明な点などお気軽にお問い合せください

    お気軽にご相談ください:全体プログラム、各モジュールの詳細につきましては、貴社ニーズを反映させてご提案させていただきます。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。