総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

処遇制度の改善プログラム

コンサルテーションの考え方

組織的に人事の運用レベルをあげるためには、ある程度体系化された制度を持つ必要があります。

しかし、人事制度は企業活動をよくするための一つの手段ですから、制度化すること自体が目的ではないことを忘れてはなりません。

もっとも重要な経営資源である「人の活動」を効果的に行うためのものとして、思いつきで部分的に手を入れたり、局所の問題解決のために対症療法を施すというような対処を避け、経営の要求に沿って系統だった制度の改善を推進していく必要があるのです。

このプログラムでは人事制度の中で実務面から不可欠な処遇制度の改善を、次に示すような観点で行います。
・企業活動の改善の方向を優先して考え、処遇制度の課題を現実的、具体的にとらえるとともに、運用面に重点をおいた制度の確立をはかります。
・人事制度の基盤となる賃金面を体系的に検討し、革新をすすめる糸口にします。
・現実場面で運用が容易な処遇制度を確立します。

実際の事柄をもとにして相互の意思疎通をはかりながら、課題・目標認識の共有化をすすめます。

処遇制度の改善プログラム:コンサルテーションの考え方

コンサルテーションのすすめ方

処遇制度の改善プログラム:コンサルテーションの進め方

■コンサルテーションの推進体制
処遇制度の改善のために自社内に、経営幹部からなる委員会と実務担当からなるプロジェクトを設けていただきます。また、プロジェクト内に検討の前準備や本学との窓口調整を行う事務局を設けます。

処遇制度の改善プログラム:コンサルテーションの推進体制

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。