総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

目標管理と評価・処遇をリンクした人事運用システムの構築プログラム

コンサルテーションの考え方

これからの人事制度の構築、すなわち人事運用システムを設計、構築していくためには、『我が社の人事制度をどのようにしていくべきか』という人事制度の方向性ないしは基本構想とするところを見極めていくことが重要になってきます。
したがって、(1)現行人事制度・システムの実態調査をして、(2)自社の発展に寄与する人事制度基本構築構想を固め、(3)人事制度の運用システムの基本設計と制度改善実施方法について検討することが必要です。

現下の産業界における人事制度構築の流れはマネジメント体質のさらなる強化に呼応した、『目標管理を柱にした人事制度の構築』であり、また『目標管理を人事評価制度、人事処遇制度とリンクさせたシステム構築』です。この流れは1985年の“円高ショック”を契機に進展し、現在の構造不況下で急進展しています。
自社の経営理念、経営方針、経営計画を確実に達成していくためには、最大の経営資源である社員が淡々と日々の業務を遂行しているだけでは不十分です。
日々の仕事の方法開発や改善強化を試行しながら一人ひとりの職務活動の質的向上、つまり『付加価値生産性の向上』が強く求められます。そのためにも、トップはビジョンを示し、各管理者はそれをプロジェクト(部署)の重要課題に展開して、現場第一線は目標にチャレンジする『全社目標ネットワーク体制』の組織づくりが緊要なのです。

標題『目標管理制度と人事評価・処遇制度をリンクさせた人事運用システムの構築』は、自社の一連の人事運用システム『職務[Work]を設定 (Plan)し、達成(Do)し、評価(See)して処遇[Pay]する』を調査して、マネジメントシステムとマネジメントツールを設計し“システムで人材を活かす人材活用管理システム(HRMシステム)”を構築することを主体としたプログラムです。

目標管理と評価・処遇をリンクした人事運用システム:コンサルテーションの考え方

コンサルテーションのすすめ方

目標管理と評価・処遇をリンクした人事運用システム:コンサルテーションの進め方

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。