総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【サービスの全体像】通信研修導入と運用の流れのご紹介

ここでは、通信研修導入から運用までの手順を、人材育成担当となったレイコさんを産能大アドバイザーの太郎がナビゲートする場面を通じてご案内します。

自由が丘 レイコ

通研 マナブ

産能 太郎

通信研修導入と運用の流れ

通信研修を導入するにあたっては、図1の領域では主に本学の研修アドバイザーにて、図2の領域では主に本学のサポートサービスにて、人材育成ご担当者や受講者の皆様を支援いたします。

表の各活動ステップの見出しをクリックすると、詳細ご案内ページへジャンプします。

人材育成ご担当者の
活動ステップ
時期 内容
1.導入準備 (図1)

  ↓
開講
6~3か月前
育成方針・目的の確立から具体的な通信研修活用形態、コース選定、運用方法の決定までを行ないます。
(※ToDoチェックリスト形式でご紹介します)
2.募集とPR (図1)
[パンフレット/ホームページ]
  ↓
開講
3~1か月前
産能大では、貴組織のご希望に沿ったオリジナルの募集用パンフレット、告知用ポスター、募集用ホームページの作成をお手伝いしています。
3.開講と学習管理 (図2)

  ↓
開講直前
~修了まで
開講前のコース確認のご案内から受講進捗の方法など、また受講者のみなさまへ送付される教材や添削見本などをご確認いただけます。
4.振り返り&
  実務への橋渡し
 (図2)
受講修了後 受講修了後、受講者各自での振り返りを促したり、運営活動についての振り返りを行なうにあたり、ポイントや観点などをご紹介します。

(図1)通信研修導入と運用の流れ

(図2)通信研修導入と運用の流れ

図をクリックすると拡大画像でご覧いただけます。
なお、図中のページNoは2013通信研修総合ガイドのものです。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。