総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

産業能率大学が考える人材育成

CSLとは、Corporate Self-Learningの略であり、個人の自律的・主体的な能力開発を、組織が意図的・計画的に促進することで組織の持続的成長につなげていこうとする人材育成施策です。

組織の持続的成長につなげる人材育成理念と活動

産業能率大学 総合研究所は、組織の発展に向けた明確な目的と計画のもと、
メンバーの成長を図る人材育成施策から実施にいたる活動を

『Corporate Self-Learning』

として、ご相談から施策づくり、具体的な学習フェーズまでを総合的に支援します。

CSLを実現するための場として、
通信研修を活用した人材育成は有効に機能します

個人は、自らの成長に向けて、自身のキャリアに関する方向性や現在の業務課題に対応するための継続的な能力開発を行うことが必要です。
仕事に必要な知識・スキルの習得と仕事やキャリアへの意味づけをバランスよく行っていくことが大切で、そのためには学びの習慣化が鍵を握ります。

組織は、組織の持続的成長に向けて、個々人のキャリア形成や能力開発を意図的・計画的に促進していくことが重要になります。個々人に期待や役割をメッセージとして伝え、学びの場を提供します。
そのために、経営層を中心にいかにメッセージを発信するのか、それを浸透させるために、人材育成部門が現場のマネジャーを巻き込み、職場での学びの対話を進めていくのかがポイントになります。

特に今日、個々人のキャリアは一律の価値観ではなく、めざす方向が多様化しています。そうした中において、組織として個々のキャリア状況に配慮し、寄り添っていくことも求められつつあります。

    個の成長・組織の成長

    キャリア状況に基づいた教育情報の提供や学習行動・学習時間への配慮があると、個々人の学びが促進され、組織にも還元されます。
    キャリアの初期段階やキャリアが大きく変化したときなどは、組織の意図的かつ主導的な教育が必要になります。また、キャリア経験も豊富で様々な経験を積ん できた人は、自らの仕事を振り返り、専門性という強みを磨き、新たな環境に適応した学びを考えるきっかけを提供していくことが大切になります。

    産能大では、めまぐるしく変化する経営環境に柔軟かつ迅速に
    対応するための人材育成の方法として、CSLを推奨し、具体的な支援策を提供いたします。

    CSLを実現するための具体策

    ~組織と個人の能力開発を通じた対話の促進~

    産能大が通信研修を通じてご支援できること

    • 育成目的に応じた最適な通信研修活用形態の提案と運用支援
    • 階層別・目的別の通信研修体系・メニューの整備・提案
    • キャリア状況に応じて自らが主体的に学ぶようにするための学び方に関する情報提供

    ページ先頭へ

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録

    他のコンテンツを見る

    SANNOが大切にしている活動スタンス
    理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
    人材育成・研修 用語集
    人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。