総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【SANNOエグゼクティブマガジン】一つのモデルで読み解くダイバーシティ、グローバリズムVSナショナリズム、働き方改革

SANNO Executive Magazine コラム【経営の視点】

思考モデルと出来事の相似性

瞬時、瞬時、身の周りには多くの様々な出来事が生じています。私達はその全てをつぶさに把握し理解することはできません。自分の思考の枠組みに符合させて位置づけし意味付けして理解しています。その思考の枠組みが環境の実態に比べて時代遅れであったり、事実との整合性を欠いたりした場合には、実世界と自分の言動に乖離が生じてしまうことになります。(ここでは、思考の枠組みの型を広く“思考モデル”と呼ぶことにします。)

例えば今日、SNSを通じて出来事が時間や空間を越えて広く繋がり、伝播するようになりました。そのような環境構造のなかで、何気なくツイートした内容が思わぬ人の知るところとなり炎上してしまうことは少なくありません。このことは、思考モデルが環境構造の変化に整合していないことを示す例です。ただし、だからと言って萎縮する必要はありません。

一方、私達は思考モデルに沿って言動を表出することにより現実に出来事を生み出してもいます。例えば、「マーケティングの体系」なども思考モデルの一つと考えて良いでしょう。このような思考モデルに即して物事を組み立てることにより、置かれている環境構造をより良い状況へと変えてきたわけです。同時にマーケティング自体も経営環境の変化と共に姿を変え続けてきました。

このように、思考モデルと環境構造が相互に循環しながら社会を形づくり、変化を生み出しています。多くの思考モデルのなかから現実に成功をもたらすモデルが選択されて普及し、多様な出来事が生み出されることになります。同時に、多様な出来事が1つの思考モデルで説明可能という現象も生まれます。「モダニズム」という思考モデルは芸術のみならず政治体制や生産システムにも及びました。チャップリンの映画「モダンタイムス」をご存知の方は多いと思います。

ここでは、一つの思考モデルを用いて、ダイバーシティ、世界の政治・経済で見られるグローバリズムとナショナリズムの葛藤、働き方改革の三つの異なる出来事を読み解いていきましょう。

ダイバーシティの思考モデル

ダイバーシティとは多様性を尊重する考え方です。その効用の一つとして組織の創造性が高まることへの期待があります。意見が異なる二人が何らかの活動を始めようとすると、その違いから葛藤が生じることがあります。安易な妥協や一方的な押し付けを避けるならば、お互いの違いを乗り越え、協調して新しいアイデアを生み出し、双方が納得しうる合意を創り出すことになります。さらにダイバーシティの輪が広がるほど、より大きな創造が可能になります。

創造とは内発的な動機に基づくものであり、「創造させられる」という表現が存在しないようにしないといけません。また、創造の成果も多様でなければなりません。皆が均一になった時点で創造は途絶えることになります。個人が主体的で独自の意志を持ち続けることが、創造を生み続けるエネルギーとなるのです。

ダイバーシティの思考モデルを示すと、図1のように描くことができるでしょう。

図1

どのような意見でも目的を高めていくと究極的には“人類を幸福にする”という、いわば、グローバリズムに向かうとされています。ぜひ試してみてください。

グローバリズムとナショナリズムの思考モデル

EUは度重なる過去の戦争を教訓として“欧州を幸福にする”ために段階を経て発足しました。国家間の戦争は「自国だけが良ければいい(他の国は傷ついてもいい)」という考え方から生まれます。従って、国境の壁を低くすることにより平和な欧州を作ろうとしているわけです。この方向性はグローバリズムに通じます。ところが2009年にはギリシャ危機が発生し国民の不満が噴出しました。また、2016年の国民投票の結果を受けて英国は離脱の方針を示しています。なぜこのような動きが生じたのでしょうか。

ギリシャはユーロを導入していました。同一通貨圏ではビジネスの強弱が直接貨幣の流れに反映されます。その結果、ビジネス強者の多いドイツには貨幣が集まり、ギリシャには集まらないという事態が起きてしまいました。国家としてそれをリカバリーしようとすると国の財政が立ち行かなくなります。その状態を他国のお金で助けてもらうことになると、まるでギリシャがドイツの配下に下るかのような関係に陥ってしまいました。歴史あるギリシャ国民の尊厳は否応にも傷つき、ナショナリズムの機運が高まったわけです。

英国の場合はポンドを通貨としていますが、大国であるにも関わらずEUの枠組みに独自性が縛られることに、多くの国民に尊厳を取り戻したいという気持ちが働いたことは確かです。

これは私見ですが、より高い理想を求めて“人類の幸福”に近づこうとするならば、国境をなくして均一化を図るのではなく、垣根を越えて協調を目指すことこそが好ましいと考えます。均一化は継続的な発展を阻害し、経済面で格差を拡大する方向に作用します。開かれたナショナリズムによって国家の尊厳と独自文化を保ちつつ、平等な立場で協調し、平和を目指す工夫ができないものでしょうか。

グローバリズムとナショナリズムの思考モデルを図2に示します。

図2

働き方改革と思考モデル

今、働き方改革が日本の課題となっています。多様な働き方を受容するという意味ではダイバーシティに繋がる動きです。ここでは日本経済の発展の経緯の側面から掘り起こしてみましょう。

戦後、日本は加工貿易により発展を遂げました。つまり製造業が柱となったわけです。今日も科学技術立国、モノづくり大国への志向は強く、日本人の気質に合っているようにも感じられます。しかし、モノづくりの思考モデルはそれなりの特性を有しています。モノづくりは自然の摂理に則することで可能になります。この姿勢はビジネスにおいても自分を取り巻く環境動向に則する方向へと思考を向かわせることになります。それは、製品開発にはプラスに働きますが、自己の意志に信をおいて、突き抜けたビジョンを創造するにはむしろマイナスに作用します。筆者も、社内で優秀とされる技術者が、創造の壁を前にしてたたずむ姿を多く見てきました。

さらに、日本はこれまで第二の経済大国として相応の市場規模を有していました。そのためにまず日本で生産・販売し、日本が一杯になったら海外へ販路を延ばすという思考順序が支配的でした。そのため、BtoBビジネスでは顧客にとことん寄り添い、要求されたことは何でも叶える姿勢こそが好ましいとする風土をもつ企業は少なくありません。自社の標準品と異なる顧客要求を拒否するなどは言語道断という下請け体質が根強く残っています。取引企業が垂直に強く連携している構造です。これは、イノベーションにより主体的に世界に打って出て、自社の標準規格を展開し、顧客とパートナーの関係を築こうとする姿勢とは真逆です。今その対応策として、大手企業がベンチャー企業をパートナーに新事業の展開を図るような、水平的な連携がなされつつあります。

自社のビジネスを主体的に交通整理できないまま現場の社員に自主管理を求め、時短を奨励し、さらに高い創造性を求めるのは酷かもしれません。

働き方改革に関わる思考モデルを図-3に示します。

図3

3つの出来事を、一つの思考モデルによって説明してきました。ただし、それぞれの出来事は同一ではなく多様な特色を有しています。その点は十分考慮する必要があります。そのうえで、時代の一定期間において、相似した思考モデルが大きな出来事から身の回りの出来事に至るまで浸透していることを認識することは重要です。多様な現象に含まれるそれぞれの思考モデルを比較することにより、それぞれの現象にどのように対応すべきかについての教訓を得ることができるからです。

最後に、筆者が考えるに、今日、世界を覆いつつある思考モデルを理解することは簡単ではありません。なぜならば、環境構造自体がその環境構造に従わないように思考モデルに働きかけてくるからです。環境におもねることなく個人の主体的な意志により将来を築く時代が到来しています。一方で、だからこそ並行して現実の環境構造を踏まえたセーフティーネットやリスクマネジメントが重要性を増していることも否定できません。今は、二つの思考モデルが調和する組み合わせのあり方を模索する時代に入っていると考えられます。


お問い合わせはこちらから

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。