総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【マネジャー育成のポイント】マネジャー育成はマネジャーになる前から始まっている

 環境変化が激しく、先行きの見えない状況の中で、マネジャーが果たすべき役割がさらに重要になってきています。
 しかし今後、経済の低迷期しか知らない世代が組織の中核を担い、働き方を革新しながら、グローバル競争を勝ち抜く強い組織をつくっていかなければなりません。
 そのような時代だからこそ、『マネジメントの原理・原則を押さえること』、『マネジャーになる前から段階的に育てること』、そして、『“主体的に学び、成長し続ける”習慣をつくること』の3つを意識した教育施策が重要となってきます。

マネジャー育成の3つのポイント

1.マネジメントの原理・原則を押さえる ~マネジャーの役割~

リーダーシップ


 マネジャーの役割には大きく、「仕事の側面(企業目標の達成)」と「人の側面(組織の活性化)」の2つがあり、それらはさらに、「目標達成のマネジメント」「職場の問題解決」「メンバーの指導・育成」「活力ある職場づくり」の4つに細分化されます。
 マネジャーは、コミュニケーションを通じて部下や上司をはじめ、さまざまな関係者に働きかけていく(≒リーダーシップを発揮する)必要があります。

    2.マネジャーになる前から段階的に育てる

     今日の状況において、実力を備えたマネジャーを安定的に育成していくためには、マネジャーになる前からそれぞれのタイミングにおける適切な育成や支援の取り組み(点)をつなぎ、トータルな育成の仕組み(線)を組織的に整備していくことが求められます。

    調査診断

    診断・テスト
    本学の人材アセスメントの考え方・特徴

    どの診断を採用するかはご相談下さい。

    主任層

    係長層

    課長層

    部長層

    3.“主体的に学び、成長し続ける” 習慣を作る
      ~フォロー研修や自己啓発支援制度による継続学習のサポート~

     研修事前・事後の課題設計やフォロー研修の実施、さらに各自の問題意識に合わせ最適なコースを選べる自己啓発支援制度を整備することで、継続的に、そして主体的に学び、成長し続ける習慣をつくり上げていきます。


    ページ先頭へ

    関連情報

    管理者育成に最適な研修ソリューション
    管理者育成に最適な教育・診断サービスを提供します。