総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【通信研修】「多様さのマネジメント」。それは、今そしてこれからの日本企業の課題であり、コース開発の課題でもあった。ダイバーシティ・マネジメント入門コース

「多様さのマネジメント」。それは、今そしてこれからの日本企業の課題であり、コース開発の課題でもあった。ダイバーシティ・マネジメント入門コース

「ダイバーシティ」という言葉の多様さに翻弄された企画初期

2017年4月にリリースされた通信研修「ダイバーシティ・マネジメント入門」コース。テキスト1冊、添削指導2回というシンプルな構成ですが、開発に当たってはさまざまな生みの苦しみがありました。本コラムでは、そうした企画開発のプロセスを少しご紹介しながら、本コースのねらいや魅力をお伝えできればと思います。

「ダイバーシティ(多様性)や働き方をテーマにした研修は、早晩きっと、必要とされるときが来る。」そう思うようになったのは、今から3年ほど前のことでした。偶然なのか必然なのか、周囲のさまざまな方がさまざまな文脈で、この言葉を使う場面に居合わせるようになったからです。ある人事・教育部門の方と話をしていたときには、今後の労働力不足を補うには、女性社員にもっと活躍してもらわないといけないのだけれども、なかなか現場の理解が進まなくて、と真剣に悩んでおられました。その数日後、とあるCSRの研究会に参加した際には、大手製造業のCSRご担当者様が、事業と共にCSRをグローバル展開していく中で、人の多様性や人権に関する感覚が国内と海外拠点の担当者間で非常に違っていて、電話会議などでは解決できなかった、というプレゼンテーションをされていました。さらにその後、マクロ労働経済学を専門とされている大学教授とお会いしたときには、少子高齢化を前にして、あらゆる労働力を活用できるようにしなければ、これからの日本の経済は絶対に立ち行かなくなる、そのためにはジョブ型の働き方への移行が不可避だ、と力説されていました。

これらの文脈の中で使われていたキーワードが、いずれも、「ダイバーシティ」だったのです。

特に本コースの企画時の拠り所となったのは、「組織としては施策を充実させつつあるのだけれども、現場の、特に管理者層の“本音の”理解がなかなか得られなくて」という、組織の推進ご担当者様のお悩みでした。総論賛成各論反対。
それは、おそらく、これまで日本の企業が得意としてきた-そして、強みの源泉であった-マネジメントスタイルを、根本から問わなければならないような課題であるからではないのか? 本コースの企画は、こうしたやや大胆な仮説から出発し、「現場の管理職の方々に、ダイバーシティの必要性はもちろん、それを実現するにはどのような変革が必要なのかを、できるだけ具体的に、でも手軽に身近に、捉えていただけるコースを作ろう」というコースの基軸は、かなり早い段階で定まっていました。

しかし、大変だったのはその後です。何しろ、ダイバーシティという言葉の意味自体がダイバーシティ。人事ご担当者様が、CSR部門が、マクロ労働経済学者が、それぞれの問題意識と信念のもとに使っていらっしゃる。どれか1つに依拠すれば楽だけれども、おそらく現場の方々にとっては、そのどれもが、同じぐらい大切な課題になるのではないか。そう考え、「ダイバーシティ」を要請する立場とその目的を整理し、図表1のように図式化してみました。

図表1 ダイバーシティを要請するさまざまな立場とその目的

図表1 ダイバーシティを要請するさまざまな立場とその目的

最もマクロな経済環境の視点からは、ダイバーシティは日本の労働力確保のために必須の手段として期待されている。少し視野を狭めて企業(経営者)の目線に立ってみると、労働力確保もさることながら、イノベーションや競争力の源泉として、ダイバーシティが「戦略的に」着目されつつあるという流れも見えてきました。そして現場の管理者・リーダーにとっては、すでに待ったなしのしかも未経験のマネジメント課題になりつつあり、実は多くの方々が“試行錯誤”されているという状況。さらに個人のレベルでは、例えば女性や障害のある人、あるいはその後人口に膾炙したLGBTなどのいわゆるマイノリティの方々を中心とした人権の問題として、手段ではなく目的として、扱われるべき側面もある、と思われました。

3人の著者によるオムニバス方式のテキスト+インタビューコラム

このように「ダイバーシティ」という概念を整理してみた結果、コースで扱う範囲、すなわちストライクゾーンはできるだけ広く取りたい、企業組織やある後受講者様が「今」直面している課題はこの図のいずれかだとしても、浅くてもなるべく広いかたちで、ダイバーシティにまつわる考え方を扱いたい、という欲がでてきました。そこで、図表1の整理をベースに、「ダイバーシティ」を大きく3つの領域に分けて、各々の領域の専門性のある方に執筆指導をお願いする、オムニバス形式でテキストを開発することにしました。その3つの領域とは、「価値観」「働き方」「属性(人権)」の3つ。詳しくは、図表2をご覧ください。

図表2 本コースで扱う「3つの多様さ」

図表2 本コースで扱う「3つの多様さ」

幸いなことに、領域各々について、非常に専門性が高い先生方にご賛同いただき、原稿執筆を進めていただける運びとなりました。また、各章に1つずつ、実務やアカデミックの観点からのインタビューコラムも配し、テキスト1冊ながらも多様な観点から、ダイバーシティを考え、実践に活かすことのできるプログラムとなっています。
コラムの内容は以下のリンク(関連情報)でお読みいただけます。


下記のコースタイトルをクリックすると詳細がご覧になれます。

執筆者やカリキュラム等の詳しい内容は、ぜひ、以下のリンクをご覧ください。

~人を活かし、成果を生み出す~ダイバーシティ・マネジメント入門(2017年4月開講から)

マネジメントスキル

コースコード

B8V0

多様なメンバーに働きかけ、「強くていい組織」を実現する

商品写真

受講料

8,640

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

  • 新コース
  • eTextあり
  • コンピュータ採点型

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。